2010年 01月 12日

The Devonshire

e0015758_0123920.jpg

ようやく行けました^^

クリスマスディナーの日、ローズが「今度(兄弟の姪っ子)タラが記念のバースディパーティをするので、みんなでプレゼントをあげよう、と言う話になったのだけれど、何がいいか尋ねたらキャス・キッドソンのトラベル用のバックが欲しいって言うのよ」と言ってきました。

丁度セールがクリスマス明けにあるよ、と言ったら「じゃあ連れて行って」という事になり、セールの初日にChiswickまで出かけました。



残念ながら姪っ子が欲しいバックはセール除外でした(苦笑)
が、彼女が欲しい、と言うものが購入出来たので良かったです。

私のセールの成果はと言うと、何も欲しいものがなくて^^;
友人にプレゼントしようと思って買ったセール除外品数点のみ(苦笑)
昨年から今年にかけて体調不良だったり、天候が悪かったりで出歩けないせいもあって、今期のセールはさっぱりです。
いいお買い物を出来た人が羨ましいな~

e0015758_0192376.jpg

こちらへ移動

お買い物が終わった後、前から行ってみたかったパブへ行きました。
The Devonshire、こちらはゴードン・ラムゼィが経営しているパブです。

数年前、義弟から聞いたのが最初だったのですが、つい先日義兄のディビットが「アメリカから来る重役とここに食事に行く」と話しているのを聞いて「私もずっと行ってみたいのに、連れて行ってもらえない」と言ったのを夫は気にしていたようで(苦笑)
この日連れて行ってもらえました^^

e0015758_0223729.jpg

Cosyな雰囲気です

ここはパブとレストラン部分に分かれていて、メニューもそれぞれにあります。
この日は日曜日だったのでサンデーディナーがメインのメニューだったのですが、クリスマス、ボクシングディとずっとローストディナー続きだったので、それはパス。
気軽に頼めるパブメニューを、と思ったのですが、日曜日はサンドイッチなどの軽食はお休み。
スープやチップスなど一部のメニューからしか頼めませんでした。

e0015758_0251079.jpg


頼んだのはチッペラータ(ソーセージ)、クラックリング(ポークの脂部分をカリカリにローストしたもの)とチップスの3種類。

ソーセージはソーセージ好きな夫曰く「これはカンバーランドソーセージ」だそうです。
(カンバーランドは産地)
同じく肉博士の夫に言わせるとクラックリングもまあまあだそうです。
が、お肉があんまり好きでない私はクラックリングは脂っこすぎてダメでした。
ローズは同じく肉好きなディビットのためにクラックリングを数本包んでこっそりお持ち帰りしてました^^

e0015758_0281048.jpg

チップス

チップスは揚げたてほくほくで美味しかったですよ♪
以前ヒースロー空港のT5に入ってるゴードン・ラムゼィのレストランで食べたチップスと同じ味がしました。
全店共通レシピなんでしょうねえ、、、

e0015758_0294452.jpg


私とローズは紅茶を頼んだのですが、ローズのカップになぜか持ち手がない!
ローズが不思議そうにくるくるとカップを回しているのでどうしたんだろう?と思ったら「持ち手がないのよ、このカップ、、、」。

お店のスタッフの人にそれを言うと「実は僕も今朝、自分が飲むコーヒーで同じ間違いしちゃって、、、」と苦笑。
シュガーを入れる入れ物とティカップがほぼ同じ大きさなのでつい間違ってしまったそうです(汗)

もちろんカップは交換、お茶もその分新しいティポットに入れて持ってきてくれました。

e0015758_0422126.jpg


スタッフはみんなフレンドリーで親切だし、お店の雰囲気もとても良かったです。
難を言えば住宅街の中にあってちょっと分かりにくいのと、Chiswickのハイストリートからはちょっと離れているのですが、駐車できる場所が限られているので、駐車スペースを探すのがちょっと難しいかも、と言う点。

ゴードン・ラムゼィのレストランに子連れでは行けませんが、ここだったら気楽に子連れで行けるのでまたそのうち出かけてみようと思います。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2010-01-12 05:42 | おいしいもの


<< 寒いですね      Murder Mystery >>