2010年 02月 26日

お弁当のはなし

e0015758_111554.jpg

明日も天気になるかな、、、

2月ももう残すところ数日となりましたね。
年が明けたな~とついこの間思ったばっかりだったのに、もう2月も過ぎようとしてるなんて早いなあ、、、と思います。
先日、お弁当箱の話題で結構盛り上がったところで、お弁当そのものがすごく気になったので今日はその話題を、、、



e0015758_1122596.jpg

たまご焼き、もっと上手く巻けるようになりたいな~

イーファを妊娠している時、すごくお弁当が食べたくて仕方ありませんでした。
駅弁とかコンビニ弁当ではなくて、母が作ってくれたお弁当。
甘いたまご焼きだったり、レンジでちんするから揚げや前夜の残りものが入ってるような素朴なタイプのお弁当です。
学生の頃、社会人とお弁当を持参する期間は結構長かったのですが、お弁当って身近な存在すぎてそのありがたみにイマイチ気付いていなかったような気がします。

日本の食材がなかなか手に入りにくくなった生活になって初めてお弁当ってなんて贅沢なものなんだろう!ってつくづく思うようになりました。

e0015758_12044100.jpg

はりはり漬け

子供の頃はイヤだった食べ物も、この年になると何故か急に恋しくなって食べたくなることも。
そんな時にすぐに手に入る環境にいないので「あーあれが食べたい、これが食べたい」と想像して欲求不満になります(笑)

e0015758_1224859.jpg

お弁当の本

たまに引っ張り出してはめくる本の中にお弁当の本があります。
今はお弁当を作る機会はありませんが、時々眺めていると副菜や常備菜に丁度いいな、とか晩御飯のアイデアがひらめく時があって便利です。

キーランはこの9月から全日で学校に通うようになるので、スクールディナー(給食)かパックランチ(お弁当)かどちらかを選択することになるのだと思うのですが、こちらの給食はあまり評判がよろしくないので、パックランチかな、と思ったり。
そうなるとこれから毎日お弁当作りも大変かも、、、とお弁当の本を眺めながらちょっとブルーに。
日本のようにお弁当用の冷凍食材が充実してないので、全部自分でイチから手作りですものね~
(最初からズルしようと思ってるあたりダメですかね、笑)

e0015758_126309.jpg

雅姫さんのお弁当本

雅姫さんなんてお仕事されているのに、こんなに可愛らしいお弁当作っちゃってすごいなーって感心です。

お弁当で思い出したのですが、中学生の頃同級生にめぐみちゃん、と言う女の子がいて、彼女のご両親は確か共働きだったと思うのですが、お弁当がいつもすごーくシンプルでした。
普通のタッパーの入れ物にご飯とおかずが一品。
でもめぐみちゃんはいつもお弁当をすご~く美味しそうに食べていました。
きっとお母さん、すごくお忙しい方でご飯とおかず一品詰めるのがやっとだったのでしょうね。
めぐみちゃんはそんなお母さんの忙しさを知ってるから、お弁当を作ってもらえるだけありがたい、と感謝してご飯を食べてたんじゃないかな、と思います。
あの頃はめぐみちゃんのお弁当はシンプルだなーとしか思わなかったのですが(特に周りの友達もそれについて言及する人は一人もいませんでした)今になって思うのは彼女の優しさとお弁当の温かさ。
あの頃の仲間たちともう一度机を囲んでお弁当を食べたいな、なんて急に思いました。

お弁当にまつわる思い出ってきっとみなさんたくさんあるでしょうね。
そんな思い出話を今回はコメントに残して下さったら嬉しいです^^
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2010-02-26 00:00 | おいしいもの


<< Taraの誕生日      ハーフタームの〆は、 >>