Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 15日

成田山参詣

e0015758_20541423.jpg

思いがけなく成田山詣で

本来であれば、4月16日の金曜日にロンドンへ戻る予定だったのですが、前日、木曜日から始まったアイスランド噴火の混乱の影響を受けて、我々が乗るはずだった便もキャンセルされてしまいました。
でもニュースを見ていたら、木曜日にヨーロッパ線の飛行機に乗った乗客の人がインタビューに答えていて「途中で引き返されてびっくりした」と言ってたので、子連れで乗って途中で引き返されていたら大変だったなあ、、、と思いました。

前日、木曜日の夕方に乗るはずだったヴァージンアトランティックの東京事務所の方から「あと3時間ほどしたら明日の便をどうするか決めてウェブサイトに載せるので、それがもしキャンセルになっていたら翌朝9時から事務所オープンしますので連絡を下さい」と電話がありました。



1日閉鎖したくらいで翌日からは普通どおりに戻るだろう、なんて楽観視していたのですが、その後どんどん混乱が大きくなりヒースローは結局6日間も閉鎖しましたね、、、

木曜日の夜、ウェブで自分たちが乗る便がキャンセルになったことを知って、翌朝一番で電話をしたら運よくなんと1回で繋がりました。
これが後で明暗を分ける結果になっていたかも、、、と落ち着いたら思ったんですが、この朝一番の時点でもすでに前日のお客さんたちの振り替えなどで予約できる便数がかなり絞られていて、24日が最短で予約できる便です、と言われた時には本当にびっくりしました。
だって、この時点ですでに1週間先の話ですよ~
自分と子供だけなら帰れる時にゆっくり帰ればいいか、と思えたのですが、夫が一緒だったのでかなり困惑しました。
ロンドンに戻ったら新しいプロジェクトが始まり忙しくなり、上司も変わる、と聞いていたのです。
このまま休みすぎて会社がクビになったら一家四人路頭に迷うんじゃ、、、とかなり不安になりました^^;

その時はまさかこんな長期化するとは思ってなかったので、とりあえず予約をそのまま入れてもらい、他の航空会社もあたってみることに。

その日一日中夕方までずっと電話のやりとりを続けて分かったのは、ヴァージンが取ってくれた24日が最短で取れる予約だという事だけでした^^;

他の航空会社は早くて29日以降、最悪GW明けが最短、というところがほとんど。
もう仕方ないので24日でいいか、と夕方にはほぼ諦めがついたのですが、この後ヒースローは閉鎖が続いて結局通常に戻ったのが22日だったので、もしも22日以前に予約が取れていたらまた再予約となりもっと後にしか戻って来れなかった可能性があるので、24日で逆に良かったのかもしれません。

と、前置きがかなり長くなりましたが、、、

そんなことで思いがけず1週間日本滞在が延びてしまったので、その数日後の日曜日、ちょっと気分転換に、、、と実家の近所にある成田山新勝寺へ出かける事にしました。

e0015758_21142125.jpg

成田山参道

参道を歩いていると結構たくさんのヨーロッパ系の外国人を見かけたのですが、ほとんどがどうもこの混乱で足止めされていた人たちだったようでした。
と言うのも、この数日後にフジテレビのニュースで「足止めされている外国人が成田山観光に大勢やって来ている」という報道がされていたのです^^;(我が家もそれだーと苦笑してしまいましたが)

インタビューに答える人たちの中には「空港の近くにこんな素晴らしい観光名所があるなんて知らなかったのでいい驚きでした」と言ってる人たちもいたので、地元民としてはちょっと嬉しかったりしましたが、、、

e0015758_2117468.jpg

昔ながらのお店が連なります

以前はこの参道ももうちょっと寂れた雰囲気があって、大丈夫かなあ、、、なんて思ったこともあったのですが、ここ数年でちょっと盛り返してきたようで、新しいお店もだいぶ出来ていてびっくりしました。
昔ながらのお土産屋さんも健在でお気に入りのおせんべい屋さんなんかを冷やかしながらの参道見物はなかなか楽しかったです。

e0015758_21195766.jpg

うなぎ屋さん

この辺り、昔からうなぎが有名で、たくさんのうなぎ屋さんが並んでいます。
私も食べたかったんですが、シーフード嫌いな夫が一緒だったので、美味しそうなうなぎの蒲焼のにおいをかぎながら通り過ぎるだけ~、、、
夫の一番下の弟は和食が大好きで、一番の好物はうな丼。ここに連れてきたら大喜びしそうなのにな~なんて思いながら見てました。

e0015758_21215172.jpg

骨董市

成田山の門前の広場で骨董市が開かれていました。

e0015758_21224371.jpg


日本の骨董市って行った事がなかったので、初・骨董市^^

e0015758_21232668.jpg

あ、このお盆いいな~!

もうすっかり帰る支度を整えて荷物のキロ数もばっちりギリギリまで詰め込んでしまい、これ以上荷物を増やせない状態だったので、ちょっといいなー欲しいなーと思っても買うまでには至りませんでした。

e0015758_21253273.jpg

この瓶可愛い!

はー、もっと早い段階でこれに出会えていたら、、、買って帰りたいものが色々ありました。

e0015758_21264098.jpg

じゃぱ~~ん!

懐かしいーひろみGo!ですよー!
彼は今どうしてるんでしょう、、、?子供の頃カックラキンが大好きで郷ひろみの刑事コントが楽しみだったんですよね~、、、
カックラキンなんて言って分かる人どれくらいいるんだろ?(笑)

e0015758_21283188.jpg

成田山、山門

いつも両親に連れてきて貰う時は車の駐車場が裏側なので、この山門まで来ることがありません。
この日はキーランと夫と三人で電車に乗ってきたので、久しぶりに山門からお寺に入りました。

e0015758_2130981.jpg


とてもお天気の良い日曜日だったので、たくさんの参詣客で賑わっていました。

e0015758_2130529.jpg


この日は聖徳太子堂前で特別な法要が行われていたようで、たくさんの人たちが来ていました。

e0015758_21314245.jpg

雅楽者の方たちも演奏されていました

e0015758_21322790.jpg

滅多にお目にかかれない高僧の方のお姿も拝見

えら~いお坊さんたちのお姿を拝見した後はありがたい気持ちになって、更にお寺の境内の奥へと進みます。

e0015758_21331436.jpg

こんな自然いっぱいの場所があります

大体の観光客の人たちは手前にあるメインの建物の周りだけを見て帰られるのですが、私のお勧めは更に奥に進んだ場所です。

e0015758_21352940.jpg

平和の大塔

e0015758_2136772.jpg


成田山の奥にはこんな感じのいいお散歩コースが広がっています。
一番奥には書道博物館などもあり、のんびり過ごしたらここだけで1日費やせます。
意外と参詣に来ると手前で皆さんお参りを済ませて終わり、、、という感じなので、ゆっくり時間がある方は奥までじっくりお散歩して貰いたいな~って思います。

e0015758_21383114.jpg

成田で唯一の造り酒屋

参道にあるこちらのお店では週末限定で樽からの量り売りをしてくれています。
夫、朝一番にここに寄った時にしっかり試飲してました(汗)
1升瓶を抱えて行くのは大変だから、、、と帰り道にまた寄って一本購入。

e0015758_21401182.jpg

樽から入れてくれています^^

私はお酒がいけない口なので、飲んでも全然分からないんですが、夫の感想ではとてもさっぱりとしていて飲みやすいお酒だそうです。
日本酒好きな方、ぜひ成田山へお越しの際はこちらで一本お買い求めになってみては如何でしょう^^

この日帰りにちょっと遅めのランチを駅前のマクドナルドで食べたのですが(キーランとシーフード嫌いな夫だとチョイスがこれくらいしかなかったんです^^;)なんとお隣に座っていたおばさま2人組、この混乱で足止めを食ってるイギリス人でした。
一人はヒースロー、もう一人はマンチェスターまで戻らないといけない、と言ってたのですが、この日本ツアーに参加しているほとんどが学校の先生だったそうで、戻れないと大変、でもこれでは戻れないから仕方ない、と諦め顔でした。
やっぱり空港近くのホテルから来られる観光場所という事で成田山へ来ていたそうです。

最後に余談なのですが、今回の件でフジテレビの報道番組でのドキュメンタリーを見たのですが、イタリアから帰国した日本人観光客が「最初の2日間だけパンと水が配られたが後は何のフォローもなかった」とちょっとむっとしていたのに比べて、成田空港では連日食事の時間にサンドイッチとパンが空港内に足止めされている人たちに無料配布され、空港内のシャワーを無料で使用できるチケットや寝袋も配布されていたそうです。あと彼らが一番助かった、と言っていたのが無料で利用できるインターネットの施設が仮設で作られたこと。これで色んな情報収集をしていたようです。
他にも千葉県と成田市が無料で半日観光ツアーを行ったり、日本の文化を知って貰うという事で書道の講習会をしたり、成田市の老舗旅館が無料でお昼ご飯を提供したり、、、と意外と頑張ってるな、という印象を受けました。

ちなみにフジテレビの番組で、帰国出来るようになった外国人たちに最後インタビューで「10点満点評価でどれくらいつけるか?」という質問にほとんどの人たちが9~10点の高評価をつけていたのが印象的でした。
多分きっと悪い評価を下した人たちはTVでは流さなかったのでしょうけれど(苦笑)

観光立国日本を目指すならば、やたらお金をかけた広告をするよりも、こういったところから地道に活動する方が効果があるのではないかしら、と思ったのは私だけではないと思います。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2010-05-15 00:00 | 里帰り2010・春


<< 里帰り雑記      皇居見学 >>