「ほっ」と。キャンペーン
2011年 03月 02日

在英のみなさん、要注意です!

よく以前から荷物に関税がかかって、それが結構高額なので受け取るのも大変、と言う話を聞きますが、私も在英歴7年目にして去年の秋に初めて関税を支払え!という通知を受け取りました。
アメリカのお友達が送ってくれた荷物に関税がかかるというのです。
この時はお友達が気を使って「関税を支払って貰うのは申し訳ないので、返送して貰って下さい」と言ってくれたので、支払わずに返送させてもらいました。
(その節はほんとごめんなさい!Yさん!)
よく税関申告用の用紙のギフト欄にチェックを入れ忘れると関税がかかる、と言う話は聞きますが、彼女に確認したところ、そこの欄はいつもとても気を使って書き忘れがないようにするので、チェックを入れ忘れたとは思えない、とのお返事。
この時はそのまま時間が過ぎて話題もそれっきりになり、こんな事はまれな事だろうと思っていたのですが、、、




ここ1週間ほどの間に2通も関税支払い要求の通知が届きました。
1通は実家の母からの荷物、、、こちらは母が後で支払うので立て替えておいて、と言うので甘えてそうさせて貰いました。

もう1通は日本の友人からの小包。
こちらは1筋縄ではいかなくて、ほんっと文句ありったけ言いたい!のでココで鬱憤晴らしさせて貰います(読んでる人は迷惑ですね、すいません。苦笑)。

この小包、元はと言えば友人がクリスマスプレゼントに、と12月13日にEMSで日本から発送してくれたものでした。
クリスマスまでに間に合うように、と言う配慮でわざわざ高額なEMSで送ってくれたにも関わらず、ぜーんぜんクリスマスまでに届かず(その間大雪で流通が麻痺していたこともありますが)年が明けても届かず、そのうち2月に入ってしばらくしたら友人からメールが来て「郵便局の職員の人がさっき家に来て、『イギリスのロイヤルメールから連絡が来て、小包を紛失したと謝ってきたので、送料を返金します』と言ってた!」と連絡してくれました。

なのでさすがロイヤルメール、やっぱり失くしたか、とかなり落ち込んでいたのですが、つい1週間ほど前のこと、関税支払い要求の手紙が来て、リファレンスナンバーをトラッキングしてみたら、なんと!その紛失したと言った小包じゃないですか!

中身はクリスマスプレゼントですが、とっくに賞味期限が切れたお菓子が大半、、、、そんな商品に関税を30ポンド近く払え、と言ってきたのです!
これにはほんっとに怒り心頭としか言いようがありません。

あまりにもむかついて絶対冷静に話ができないので、代わりに夫に電話して貰ったら「詳細は税関に電話して貰わないと分からないんですが、送ってもらった商品の金額が40ポンドを越えていたのではありませんか?」と言われたそうです。

これまで40ポンド以上のもの、かなりの量の荷物日本から送ってもらっていますが、今まで1度たりとも関税かかったことがありません。
もしかしてこれって最近決まった規則なんでしょうか???
こんな立て続けに2回も同じようにかかったのでそう思ったんですが、もしかすると以前からそういう規則だったのが、最近の円高(とは言えこの円高ももう2年以上続いていますよねえ?)でポンドの換算が変わって簡単に40ポンド越えになるようになったので、こう頻繁に関税を支払え、と言ってくるようになったのでしょうか。

冒頭に書いたアメリカの友人にも念のため連絡したのですが(以前はそのまま返送させて貰ってしまったため、何故関税がかかったのか理由が分からなかった)もしかするとその時40ポンド以上越えていたかも、というお返事を貰いました。

何にせよ、英国外から荷物を送ってもらう人は注意した方がいいかもしれません。

ちなみに私はいつも税関申告用のシールに商品価値を書く欄には必ず「N.C.V」(Non Commercial Value)と書くようにしています。
これはローズに随分以前に教わったのですが、そう書くことで送った相手に価格を知られることを防ぐ(プレゼントなので値段が分からない方がいいだろう、という配慮)のと、関税がかからないようにする意味でそうしている、と言っていました。

送るほうも善意のプレゼントとして送っているのにも関わらず、こうやって関税がかかって受け取る側がお金を支払わないと受け取れないなんて、ほんと本来のプレゼントの意味から外れているし、どうやってでもお金を搾り取ってやろうというお役所の気持ちが見え隠れしてイヤな気分になります。
不況だから厳しくしてお金を取れるところからは取ってやろう、とでも思ってるんでしょうが、我が家のように経済的に余裕がなく実家の母が援助の気持ちで日本の食材を送ってくれているのに、こうやって関税をかけるなんて、ほんと嫌味ったらしいったらありゃしません。

あまりにもむかついたので愚痴ぐちと書いてしまいましたが、、、^^;
在英の方は国外から荷物を送ってもらう際には税関申告用の商品価値は40ポンド以下に抑えてもらうこと、英国外に住んでらっしゃる方が英国に住んでいる友人、知人、親類に荷物を送られる際には必ず40ポンド以下になるように記載してあげる事を注意した方がいいようです。
面倒かもしれませんが、送った方も送られた側も気持ちよく荷物を受け取るために必要な自衛策だと思います。

SADで具合が悪い上に子供たちも具合悪くて、かなり落ち込んでるのに、こういう事が立て続けに起こったのでほんっと余計に凹んでます。
早く心弾む春が来てくれないかなあ、、、とほほT_T
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2011-03-02 00:00 | その他


<< 雛祭り      MOMOランチ >>