2011年 03月 30日

関税の話、その後

e0015758_22305730.jpg

賞味期限、思い切り切れてた、、、けど食べた(笑)

地震があってから、すっかりどこかに飛んでしまったこの話題
それまではほんっとーに頭に来てて、一人でぷんすか怒ってたんですが^^;
実はその後意外な進展がありました。



e0015758_2233647.jpg

期限切れだって美味しかったですよ~根性で食べました!

紛失したと公言していた荷物が出てきたと思ったら、関税払えだなんて失礼にも程がある!と、一人でぷんぷん怒ってたのですが、夫が税関に連絡してから意外な展開になりました。
送ってくる荷物が40ポンド以下(日本円で現在5500円だそうです)でないと、関税がかかる、と言うのは以前お話したとおりなのですが、なんと!その関税がかかる額と言うのは一人当たりの額なんだそうです。

ちょっと意味不明だと思うので説明を細かくすると、、、

税関職員が電話口で夫に「ところで、この荷物の中身はなんですか?」と質問するので夫が「クリスマスプレゼントです。子供たちへのお菓子やおもちゃが入ってました」と答えると、職員「子供は何人?」と尋ねたそうです。
で、夫が「2人です、4歳と2歳」と答えると、しばらくして「そうすると、この荷物を3人分で割ったら、一人当たりが40ポンド以下となるので、関税対象外ですね」と言ったそうです。

私もそれを聞いてはー???と思ったのですが、夫が「ちなみにもう関税払っちゃったんですが、、、」と母から送られてきた荷物について同じように子供たちへの洋服やお菓子が含まれている、と話したら、そちらも関税対象外の金額になる、とのこと。

どちらの荷物もとりあえず一旦カードを使って関税を支払って荷物を受けだしてもらい、後日税関から支払って貰った関税分を小切手で返金します、と言われました。
で、ちゃんと先日税関から、関税分の金額の小切手送られてきたんですよ!

ちなみに倉庫の管理手数料は税関ではなくて、配達会社のParcelForceの管轄なので、それは税関からの小切手と書類をコピーして、ParcelForceのオフィスに送るよう指示されました。
こちらは後日ParcelForceから改めて小切手が送られてきて返金されるようです。
(現在、そちらの小切手到着待ちです)

ちょっと二度手間、三度手間なところはありますが、今回荷物2個分、関税+手数料で80ポンド以上かかっていたので、これが全額返済されるとなってかなりホッとしています。

税関職員の話ではなるべく送られる荷物は40ポンド以下におさえて貰うのが一番だけれど、もしも超えてしまった場合で同住所に住む複数の人数宛に送られる荷物の場合は、その詳細を送り状に記入して貰えば関税がかからない筈である、という事でした。

つまり家族Aさん宛てにどの荷物、計20ポンド、息子Bさん宛てにどの荷物20ポンド、娘Cさん宛てにどの荷物20ポンド、と事細かに書いてあれば、合計金額が40ポンド以上であっても、関税がかからない、と言うのです。

母にその話をした後、近所の郵便局でその話を聞いて貰ったら、郵便局員さんたちみんな「そんな話聞いたことないよねー」と笑ってたそうです、、、(汗)

こちらではたとえ役所の職員であっても、10人聞いたら10人てんでバラバラの違う答えが返ってくるようなお国柄なので、この話が全員に通用するとも思えません。
ただ今回はこういう事で全額返金されたので、もし関税がかけられても諦めて支払ってしまう前に、一度クレームの電話なりメールなりしてみることをお勧めします。

税関職員も職業柄はっきりと不正をしろ、とは言えないので言いませんでしたが、何となくニュアンスで、送ってもらう荷物にはなるべく評価額を低く書いてもらって、40ポンド(5500円)以下になるように押さえて貰うのが一番の良策だと言っていました。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2011-03-30 00:00 | その他


<< Kempton Park An...      りんご >>