2012年 01月 27日

シャロンの誕生日

e0015758_2015570.jpg

Happy Birthday!

子供たちが学校に通うようになってから、しょっちゅう誕生日会と言うものに呼ばれるようになったのですが、最近は近所にある有料の屋内プレイエリアでするのが流行らしくて、そこに呼ばれることがほとんどでした。
それが先日たまたま久しぶりにスリランカ人のお母さんと立ち話をしたら「今度の土曜日に誕生日会をするけど来る?」と呼ばれてお宅にお邪魔することに。




e0015758_2041425.jpg

この日の主役、シャロンくん

他にもクラスのお友達が来てるのか、と思ってたらなんと呼ばれたのはうちだけ(汗)
後はご親戚の方たちばかりで恐縮していたら「キーランはシャロンの親友だから」というお言葉、、、ありがたいです^^

私がお誕生日会で一番楽しみにしていたのは実はお料理だったりします(笑)
スリランカのカレー、以前から食べてみたかったんですよー

e0015758_207177.jpg

こちらはスターター

e0015758_2062334.jpg

美味しかった~!

この後も次から次へとご馳走がテーブルに並べられて、、、全部もちろんホームメイドのお料理。
カレーも思っていたよりもマイルドでとっても美味しかったんですよ。
面白かったのが写真手前のヌードル。
赤い色は赤い色のお米から作ったからこういう色なんだそうです。

日本ではお祝いの時にお赤飯を炊くので、それを連想してお祝いだから赤い麺なのか、と聞いたら、そうではなくて、赤い麺の方が白いものより栄養価が高く低カロリーなんだそう。
なので普段から赤い麺を食べているそうです。
で、カレーもご飯ではなくて、この麺にかけて食べるんですよ~!

この後ご親戚の方たちともお話したのですが、内戦が続いていたスリランカから難民として世界中に散らばった同朋たちの話、今もスリランカに残っている年老いたお母さんの話、びっくりしたのはロンドンにはとても大きなタミール人コミュニティがあって、週末開かれるタミール語の学校もあるそうです。
シャロンのご両親はシャロンが生まれるまでの間フランスのストラスブールに長いこと住んでいた(だんなさんは20年以上住んでいたそうです)そうですが、そこにはタミール人の経営するお店が一件しかなかったのに、ロンドンにはあちこちにあるからとても便利、と話していました。

今では内戦も治まったスリランカですが、まだまだ政情不安で子供の事を考えると自分の国に戻れない、という話もしていました。
シャロンのお母さんも年老いたお母さんを訪ねて行きたいけれど、飛行機代が高いのと、逆にこちらに来てもらうにはビザの問題があって入国も難しい、と表情を曇らせていました。
ビザが必要なく行き来したい時に日本とイギリスを行ったり来たりしている私たちはとても恵まれているのだなあ、、、としみじみ思いました。

元気いっぱいのシャロンくん(なんと6歳にしてBBCのTopGearの大ファンだそうです、、、ませてるなぁ。笑)これからもキーランと仲良しでいてくださいね~^^
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2012-01-27 00:00 | Child


<< 未来ちゃん      Bradshaw's ... >>