2012年 02月 29日

有栖川有栖の鉄道ミステリー旅

e0015758_2122437.jpg


2月も今日で最後ですね。
あっという間に終わってしまって、やらないといけない事がどんどん後回しになっててちょっと焦ってます^^;
ブログの記事も予約投稿でどんどんアップされてるんですが、新しい記事を書かないと、、、と思いつつこちらも後回しでなかなか時間を割けません。とほほ。
と、言うことで ↓ 以下の記事は1ヶ月ほど前に書いたものになります^^;

**************
子供の頃、両親が免許を持ってなかった関係で、旅行に出かけるとなると電車に乗ることが圧倒的に多かったんですが、そんな原体験があるからか、電車に乗ってどこかへ出かける、という行為が比較的好きだったりします。

昨今鉄道ブームで、鉄男とか鉄子、とか流行ってるようなのですが、そこまでオタクなファンじゃなくても電車に乗ってどこかへ出かけるのが好き、という人のことを乗りテツって言うそうです。(この本で知りました)



著者の有栖川先生はデビュー作の「月光ゲーム」の頃からのファンなんですが、この方の書かれるエッセイがこれまた味があってとても面白いです。
この本はある時期を境に乗りテツになられた有栖川先生が実際に乗られた路線について色々書かれている本です。
これを読んでると、まだまだ日本って広いな~知らない場所がたくさんあって、次回日本に行ったら電車でこんなところに行ってみたい!と思わされます。
そうそう、駅弁も好きなんで、各地の駅弁を食べながらの日本縦断の旅、なんてのも楽しそうだなぁ、、、^^

幅広く知られた話ですが、鉄道発祥の地、と言えばイギリス。
そんなイギリスに住んでいながら、普段旅行に出かけるときは便利さも手伝ってつい車で移動しちゃうんですが、子供たちも自分たちで歩いていける年齢になったし、次回旅行に行く時は鉄道を使ってみようかな、なんて思っています。
先日紹介した「Bradshow Handbook」なんていい本も手元にありますし、ヴィクトリア時代から続く鉄道の歴史を辿って鉄道の旅なんてのも乙なものですね。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2012-02-29 00:00 | Book Club


<< KemptonPark Ant...      ラズベリー・ファッジ・ブラウニー >>