Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 03日

姑獲鳥の夏

e0015758_1285865.jpg


お弁当箱本、と呼ばれる本があります。
その名の通り、お弁当箱並の厚さがある本の事なのですが、この姑獲鳥の夏、もそんな1冊です。
作者の京極夏彦先生、とってもこだわりのある方で、見開き1ページにした時、必ずページの最後で行がきっちり終わるように文章を書いてるそうです。
だからページをまたいで次のページにまで文章が続いてないんだとか、、、(ほんとにそうのか気にして読んだ事ないんですけど)

戦前、戦後を跨いでまだ暗い怪しいものが身近に存在していた頃の不思議な雰囲気を持つこのミステリ、一度読むとものすごくはまります。
で、シリーズが出るたびに買ってたんですが、こちらも同じで渡英の際、初版の新書版をほとんど全部手放してしまいましたT_T
今になってまた読みたい、と思って文庫本でぽつぽつ買いなおしているところです。

このシリーズのどの話だったかちょっと忘れてしまったのですが、世田谷にある豪徳寺の招き猫の話に触れられていて、すごく興味を持ったのでわざわざ見に行った事もあります。
招き猫の元祖、はこちらなんですよね。
境内に招き猫が奉納されている場所があって、その物凄い数の招き猫に驚きました。

こちらと二冊目「魍魎の函」は映画化もされたので知ってる方も多いのではないかな、と思います。
私も姑獲鳥はDVDを買って見たのですが、やっぱり映画が小説を超える、、、って難しいのかな、という感想を持ちました。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2012-04-03 00:00 | Book Club


<< Pear and Chocol...      Mother's Day >>