Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 03日

茶の本

e0015758_3435986.jpg

茶の本 岡倉覚三著

年が明けてすぐに読んだこの本ですが、新年にふさわしい読み物でした。

岡倉天心、だと思い込んで購入したこの本が届いた時に表紙を見たら「岡倉覚三」となっていて、あれ?と思ったのですが、中を読んで納得しました。
岡倉天心と岡倉覚三は同一人物だったのです!知らなかったので今更ながらびっくりでした^^;

お茶の心得がまったくない私ですが、読み進めるうちに、お茶とは何なのか、成り立ちからその後の発展、お茶と日本文化の切っても切れない関係、日本人が日本人である根幹がここにあるのだな、と改めて思いました。

お茶の世界での美、と認める潔いばかりのシンプルさ、そこにあるものすべてに意味がある、と言った一文、一文がとても心に沁み、余りある物に振り回されているばかりの自分の生活を反省しました。

もっと若い頃にこの本を読んでいたら、と思う一方、今だからこそ理解出来る本だったのかもしれない、と言う思いもあります。

ちなみにこの本、実は翻訳本なんです。
元々の原書は岡倉自身が英語で著した為、後に日本語に翻訳され岩波文庫に収録されるに至りました。
あの時代にすでに英語で世界に向けて日本の至高たる茶道を元にした思考、文化を発信している人がいたとは、、、!驚きでした。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2013-02-03 00:00 | Book Club


<< Hichcock      Make Your Own L... >>