Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 28日

Easter 2013, Paris

e0015758_212574.jpg


前回の記事で書きましたが、イースターのお休み中に両親が来てくれたので、今年は父の希望でパリに4日間出かけてきました。
4日間ですが、最終日は朝8時のユーロスターだったので、実質3日間、、、しかも父は初めてのパリなので、市内観光やベルサイユ宮殿観光など、日本語のガイドさんがついてくれるものに参加したい、と言うことで、買い物に割ける時間は到着日の午後数時間のみ、、、
パリに行ったらあれを買いたい、これも買いたい、と色々思ってたのに、結局ぜーんぜんお買い物行けませんでしたT_T



e0015758_21292165.jpg


ロンドンもよく宿泊費が高い、って言われますけど、それでも安いところを探せば結構見つかりますよね。
今回パリでホテル探しをして思ったのは、ほんっとーにパリってホテル代が高い!
しかも子連れで4人部屋、なんて探そうものなら、びっくり価格な上、元々部屋数も少ないせいか、空き部屋も全然見つからない始末。
両親も健康に不安を抱えていて、ツアーの集合場所まで徒歩で行ける近い場所に宿泊場所を、なんて思ったら、3泊で20万近いホテル代になってしまうので(大汗)、目先を変えて今回はアパートメントに泊まってみました。

でも宿泊日の当日、アパートメントのオーナーさんに会うまでは、実はかなり不安でした。
と、言うのも最近TV番組でネットで予約した宿泊場所が実は詐欺で現実には存在しなかった、なんて話をちょくちょく見ていたのです、、、
そんな訳でホテル代に比べたら格段に安かったアパートメントだっただけに、もしかして詐欺で騙されてるんじゃ、、、なんて不安が常によぎってました。

e0015758_21344810.jpg


約束の待ち合わせ時間にアパートメントの入り口まで行くと、英語がペラペラのフランス人のお兄さんが現れて無事宿泊場所へ案内してくれました。
この時点でかなりホッ。

アパートメントも思ったより広いし綺麗だったので更にホッ。

e0015758_21363297.jpg


ただし、後で幻滅したんですが、隣近所が食べ物やさんだからか、ご○ぶりが出るんですよー><
日本みたいな大きいのじゃなくて、小さいタイプなんですが、それでもごきちゃんはごきちゃん、、、(汗)
出てくるたびに「ひぇ~」と情けない声を出して退治しました(苦笑)

e0015758_21383073.jpg


ごきちゃんは別として、もう一つ幻滅したのが隣と上階に住んでる人たちが夜中にパーティをやってて、かなり音が響いてなかなか眠れなかったこと。
朝起きるとリビングの黒いテーブルの上が真っ白、、、天井の白いペンキがパラパラとテーブルの上に雪のように降り積もってました(汗)
音楽に合わせてドスドスとダンスで踏み鳴らすので、天井からペンキが剥がれてきてたみたいです^^;

それを別にすればアパートからオペラ・ガルニエまで徒歩3分というすごく便利な場所だったので、すごく良かったんですけどねぇ、、、

e0015758_21415950.jpg


朝ごはんに食べたエリック・カイザーのパン。
やっぱりパリはパンが美味しいですね~

e0015758_2144579.jpg


美味しかった、と言えばこれ↑

子連れなので格式ばったレストランなんて絶対無理だし、ビストロでのご飯も飽きてきちゃったし、アパートでのんびりご飯食べようか、と言うことになってアパートメント近くのモノプリで見つけたのが、ミシュラン星レストランのシェフ、ジョエル・ロブション監修のチーンご飯。
要は電子レンジでチンして食べるレディミールのことです。

いろんな種類があるんですが、これがレディミールとは思えないほど美味しい!
さすがジョエル・ロブション!
これをレストランで綺麗なお皿に盛って出したら、きっとみんな美味しい、美味しいって食べるような気がする、、、(笑)
結局最後の2日間の夜はジョエル・ロブションのチーンご飯で済ませました。
もしフランスに行って食べる機会があったら、これはぜひ試して欲しいです。
個人的に一番好きだったのはホタテのクリーム煮。
荷物に余裕があったら、これは買って帰りたかった一品です。

e0015758_21491093.jpg


折角パリまで旅行に行ったのにビンボー臭い話書いてるなぁ、と我ながら思いますが、暴れ盛り(汗)の子供二人連れだと、やっぱり入れるお店が限られちゃうし、宿泊場所も選択肢が狭められますよね。
あと数年経ったらもう少し自分たちがしたいような旅行のスタイルが取れるようになるかな、とも思うんですが。

まぁ今回は両親のためのパリ旅行だったので、孫と一緒に旅行をした、と言う満足感を得てもらえてそれだけで良かったです。

e0015758_2153270.jpg


毎回旅行記を時系列順に書いてるんですが、今回は大して書くこともないんで1つの記事で4日間分まとめちゃいます。

で、ベルサイユ観光に出かけた日が丁度パリマラソンでした。

マラソンがあるので、パリ市内各所で道路が止められていて観光バスもあっちをうろうろこっちをうろうろ、丁度迂回したら凱旋門のところでマラソンスタート前のランナーたちが集まっているところに出くわしたので、記念に一枚。

偶然でしたが、間近にランナーたちを見られていい思い出になりました。

e0015758_21554319.jpg


ベルサイユ宮殿は16年前に一度母と来てるのですが、いつの間にかセキュリティエリアが出来ててびっくりしました。
世の中がそれだけ物騒になってるって事だと思うと、なんだかとっても寂しいですよね、、、

e0015758_21572239.jpg


16年前もそうでしたけど、宮殿がめちゃめちゃ広い割りに、見学時間が短いので今回も急ぎ足での見学。
ハンドセットの日本語での説明を聞きながら、、、の筈なんですが、それをしてると最後のお土産を買う時間がなくなっちゃうので(→そっちがメインか!と言われそうですが、、、苦笑)途中は飛ばしながら、メインにじっくり時間をかけました。

e0015758_2159534.jpg


メインはやっぱり鏡の間。

ベルバラにはまった世代としては、これは絶対はずせないですよねぇ~
ここを見た瞬間に頭の中で「オスカル~~~!アンドレ~~~!」なんて声がこだましてました(笑)

こんな豪華なものを作っちゃったなんて本当にすごい。何度見てもため息しか出ません。
でもそのお蔭でギロチン台の露となってしまった、、、と思うと何だか背筋が寒いような気もします、、、
マリー・アントワネットの幽霊がこの部屋に出る、って聞きますけど、本当かもしれないですよね。

e0015758_2219326.jpg


夫が言っていたのですが、ベルサイユってハンプトンコートパレスの8倍の広さがあるそうですよ。
1日で見て回ろうってのが土台無理な話、です。

またいつか子供たちがもう少し大きくなって歴史を理解出来るようになったら、もう一度来てみたいものです。

e0015758_2244071.jpg


そうそう、パリに行ったら絶対食べたいから、と無理やり行った場所がありました。
ベルティヨン、と言う老舗のジェラート屋さんです。

イースターも過ぎたと言うのに、めちゃめちゃ寒かったパリ、、、凍えながらも外で立ってジェラート食べましたよ~
食べ終わった後、ふと見たら数件先にベルティヨンのサロンドテがありました(汗)
そっちだったら温かい店内で座ってのんびり食べられたのに、、、失敗しました^^;

e0015758_2265422.jpg


パリ市内、あちこちで見かけたアモリーノでも食べました。
と言うか、セガフレード・ザネッティで父用にコーヒーを買ってたら、アモリーノのジェラートも売ってたのを見つけたので買ったのです。

パリはジェラートも美味しいですね~、、、ロンドンにも美味しいお店が増えればいいのに。

e0015758_2284670.jpg


すごく久々のパリでしたが、あっという間に終わってしまって、しかも自分が行きたいところにはほとんど行けなかったので、また今度は自分の我侭な希望を叶えてくれる旅行に行きたいなぁ、なんて思ってます。

そういえばパリ北駅も、最後に行った時からずいぶん変わっていて、パスポートチェックをした後の待合場所が広くなってお店もずいぶん増えていたので本当にびっくりしました。
最後に残ったユーロでまたお菓子を買いましたが、、、(笑)

*PS:ちなみにこれからパリに行く方のお役に立てれば、と思いここに1つおまけを書き残します。
パリで移動の際に最もよく使われるのが、メトロとバスだと思います。
で、私も今までずっとそうだったんですけど、ほとんどの方がパリ北駅到着後、メトロの回数券(カルネ)を買うのにすごーく長い行列に並んで購入していると思います。

が!なんと、このカルネ、ロンドンのセント・パンクラスの駅で購入出来るってご存知でしたか?!
セント・パンクラスのユーロスターの待合所内(改札を通り、セキュリティ、パスポートコントロールの後)、入場して向かって右側の壁際にインフォメーションデスクがあります。
そのインフォメーションデスクにて10枚1パックになっているカルネを£15で販売しています。
パリ到着後購入すると現在約€12ですので、多少割高になりますが、パリ到着後の時間を有効に使いたい、並んで購入する時間が勿体無い、と思われる方なら買うだけの価値はあると思います。
我が家ももしまた次回パリに行く事があれば、ロンドン側でとりあえず使う分だけのカルネは購入しようと思っています。

それでは長くなりましたので、パリで買ったお土産の話は次にまとめてしたいと思います。
つづく

*次の記事でコメント欄開けますね!*
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2013-04-28 00:00 | パリ・2013


<< パリのお土産      Decoration Cake >>