Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 07日

5ポンド カット

渡英してから一番困ることって在英の方にとってはなんでしょうか?
私にとってはヘアカットが一番の問題です。
でした、と過去形ではなくて、です、と現在形なのは、今もって困ることが多いからなのですが、、、

少し前の話なのですが、子供達の夏休みが終わる直前、キーランの髪の毛を切りにいかないと、と夫と二人で出かけようとしていたので、ぼさぼさ頭が気になっていた私も一緒についていきました。



夫が近所に5ポンドでヘアカットしてくれる店を見つけたのです。

5ポンドだったら失敗してもいいや、変な頭になったらその時は帽子かぶって伸びるまで待てばいいし。

と気軽な気持ちでついて行きました。

若いインド人のお兄さんが一人で切り盛りしている2畳ほどのものすごく狭いお店、意外と固定客がついてるらしく、行ったときはインド人のおじさんが切って貰っていて、キーランを次切って貰っていると、外から「あとどれくらい経ったらやって貰える?」とイギリス人のおじさんが尋ねていました。

これだったら大丈夫かも、と次に私がやって貰ったんですが、、、

きっと普段男性のカットがメインで、長めの髪のカットをあんまりやったことがないからだと思うんですけど、軽快にハサミの音をチョキチョキと響かせながら一定のリズムでばっさばっさと髪を切ってるうちに、じょきっと耳の端っこを切られましたT_T

耳は体の中で一番神経が少なくて、痛みをあまり感じない部位のハズですが、さすがにこれは痛かった、、、

お兄さんも慌てて「I'm sorry!!!」と連呼してましたが、髪の毛の切り屑が入るので口も開けられず、もごもご言いながらなんとか「OK」と(何がOkなんだか意味が分かりませんが、この時はこうしか言えなかったのです、、、汗)言いましたけど、血出てましたよ、まじで。

出来上がり、っていうか、ただ伸びた髪の毛を切ってショートカットにするだけなので、虎刈りになってなければいいや、って感じで納得したんですけど、家に帰ってよく鏡を見たら、なんだかいとうせいこうみたいになってました(笑)

一か月半ほど経ったらだいぶ伸びてきてましになったんですが、いとうせいこう状態の時だけ帽子を被ればいいや、とまたぼさぼさ頭になったらあの5ポンドヘアカット行ってみようかな、なんて凝りもせず思ってるところです(苦笑)

と、書いた週末に夫とキーランが二人でまたあの5ポンドカットに出かけたら、お店が閉まっていたそうです、、、やっぱり5ポンドじゃやっていけなかったのかな。
とっても残念です。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2013-11-07 00:00 | ひとりごと


<< London Tube      黒ひげ危機一髪! >>