Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 28日

All Soul Church

e0015758_21262718.jpg


BBC Broadcasting Houseの真ん前にとんがり帽子の建物が建っています。
こちらはAll Soul Church、と言う英国国教会の教会の建物です。



e0015758_21282752.jpg


この教会が建っているのはリージェントストリートがちょっと曲がる位置になるのですが、これには実は意味があるのです。

リージェントストリートを更に北上したところにあるリージェントパーク。
この公園はヘンリー八世の頃より王室所領地だったのですが、現在の形に作られたのは当時のPrince Regent、のちのジョージ四世が父ジョージ三世の摂政を務めていた頃。
Regent Streetはそのリージェントパークから南に下って、当時Prince Regentが居住していたCarlton Houseまで真っ直ぐに伸びる道、、、となる筈だったそうです。
Prince Regentを讃える意味合いで作られた道路でしたが、正確には真っ直ぐではありません。
そして道の途中にはこの教会、All Soul Churchがでーんと建っています。

e0015758_2145177.jpg


リージェントパーク、そしてこの教会を作った建築家、ジョン・ナッシュの彫像も入り口に飾られています。

Prince Regentのお気に入りの建築家だったジョン・ナッシュは当初、公園からカールトンハウスまで真っ直ぐに伸びる道を作りたかったそうなのですが、この道沿いに館を構えるランガム候が自分の庭先に新しい道路が作られることを嫌がり周辺の土地を買い占めたために、湾曲した道を作らざるを得なくなりました。
そこで一計を案じたジョン・ナッシュは曲がり角に当たる部分にこのAll Soul Churchを建てたのです。

e0015758_21472091.jpg


教会から南下するリージェントストリート。

現在ではロンドンの目抜き通りとして世界的に有名な通りですが、そのいわれについてはあまり気にしていませんよね。
私もその成り立ちを知って、面白いな、と思いました。

e0015758_21498100.jpg


こちらはOxford Circus駅から北上するリージェントストリートを眺めてみたところ。

さて、当時このリージェントストリートが到達したカールトンハウスですが、現在では建物は残っていません。
実際に私は見に行っていませんが、広場があって車がボチボチ駐車されてるだけらしいですよ。

プリンス・リージェント、このリージェントストリートが完成した途端に、カールトンハウスを手放します。この大計画に飽きがきたのと、自分の家(カールトンハウス)が一般人が通行する道沿いにあるのが気に入らなくなったのが原因とか、、、

とにかくプリンス・リージェントはジョージ四世となり、バッキンガム宮殿に移りました。
そしてまたまたジョン・ナッシュに命じて今度はバッキンガム宮殿の改築に勤しんだそうです。
カールトンハウスはどうなったか、と言うとこちらは解体されて他の建築の材料として再利用されたそうですよ。

つわものどもが夢のあと、ってところでしょうかね。

このPrince Regent、派手好きな方だったそうで、私がブライトンに留学時代何度か訪れたインド風様式の王室の別荘、ロイヤルパビリオンも彼の時代に作られたものです。

またいつか見に行ってみたいな、と思っているところなのですが、、、

e0015758_21523416.jpg


手前、All Soul Church、奥、BBC Broadcasting House

皆さんもオックスフォードストリートにショッピングにお出かけの際には一度この辺りまで足を伸ばして、当時の栄華に思いを馳せてみては如何でしょう?
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2014-05-28 00:00 | 街歩き


<< If You Wait ; L...      BBC Broadcastin... >>