Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 27日

スコットランド・コーラ

e0015758_2185019.jpg


先日、ものすご~く久々に夫の友人チャッティマンに会いました。
最近まったくチャッティマンの話題をしていないので、一体チャッティマンとは?!と思ってる方もいらっしゃるかと思いますので、そんな方は以前の記事のこちらこちらをご覧ください。

ちなみにチャッティマンが名前ではなく、私が勝手につけたあだ名です^^;
めちゃめちゃおしゃべりな人なので、私がそう名付けてみました。
チャッティマンのオリジナルはアラン・カーと言うコメディアン(こちらも元祖なだけあって、めっちゃおしゃべりな方です)の番組名です。



e0015758_21241934.jpg


さて、冒頭の話の続きになりますが、結婚後、家の改装や転職、そして子供が生まれたりと私生活がめっちゃ忙しくなってしまったチャッティマン、すっかり遊びに行くのも足が遠のいてしまったのですが、先日夫の誕生日会に来てくれました。

チャッティマンが転職した先はコカ・コーラ。
そう、誰もが知ってるあのコカ・コーラで御座います。

で、誕生日プレゼントだよ~と言って夫にこれをくれました。
スコットランドでのみ販売されている限定バージョンのコカ・コーラだそうです。

スコットランドらしい、タータンチェックとスコットランド国花であるアザミがあしらわれているデザインです。

ところでスコットランドと言えば、現在英国で話題になっているのが、今年9月に行われるスコットランド独立を巡る住民投票ですね。

先日友人のmじ殿もTwitterで呟いてましたが、そうなんですよ、スコットランドがもしかしたら英国連邦から独立するかも?!しれないのです。

歴史的にイングランドとスコットランドはすったもんだが様々ありましたから、そういう機運になるのは自然と言えば自然なのかもしれませんが、これだけ複雑化した現代の世の中において、果たして独立国家となるのが正しい選択なのかどうなのか、、、

日本人の観点からしてみたら、わざわざ独立するメリットってあんまりないような気がするんですけどねえ。
だって日本に置き換えてみたら、日本から北海道だけが独立するようなもんですよ。
それって何かすごいメリットあります???

スコットランドは北海油田を抱えているので、経済的にも独立した方が有利だ、と独立賛成派は吠えてますけど、油田っていつかは枯渇する運命にあるんですよねえ、、、もし石油が出なくなっちゃったら、なにを財政源にするつもりなんでしょう。
かつて北の経済を支えていた造船業も今では下火だし、観光だけでやっていけるほどの力もないと思うんですけど。

反対派として個人で最高額の寄付を反対派グループにしたJ・Kローリング女史もやはり経済を独立反対の論点の中心にしていましたね。
やはりローリング女史はすごい!と私は読んで納得しましたが、そんな彼女のTwitterに独立賛成派がひどい書き込みをしたのも考えさせられる事でした。
ローリング女史や彼女をサポートする人たちがみんな「そういう書き込みは自由な発言を邪魔する反民主的行為である」としていましたが、その通りだと思います。

賛成であれ、反対であれ、個人個人が自分の意見を自由に言える、と言うのは素晴らしいことです。
発言を邪魔するのではなく、自由に発言した上で、投票権を持つ人たちが自分でどちらにするかを判断する、と言うのが正しい民主国家の在り方ではないでしょうか。

そういえば少し前に教会に行った時、夫が小学校時代のボーイスカウトの友人にばったり再会しました。
何十年ぶりかの再会だったそうですが、そんな彼、今はエジンバラの銀行で働いているんだそうです。
スコットランド独立の話になると、ちょっと迷惑そうな顔をして「もし独立なんて事になったら、多分自分が働いている銀行はスコットランドから撤退することになると思うので、そうなると自分もまた転職活動しなくちゃいけないから、できれば独立して欲しくないんだよね」と言っていました。

どうして撤退となるのかはよく分かりませんが、英国政府はスコットランドが独立した場合、現在流通しているポンド通貨を独立後は使用出来なくなる、と明言していること、また税制などの問題などもあり、スコットランドから撤退する企業も結構あるのかもしれません。すでにもし独立となった場合、スコットランドから撤退すると発言している有名企業もあります。

そんな訳で揺れに揺れている独立問題。
果たして9月にスコットランド住民はどんな結論を出すのでしょうか?
気になるところですね。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2014-07-27 00:00 | ひとりごと


<< 夫の誕生日会      ある日のドーナッツ >>