2014年 10月 24日

青いトマトのピクルス

e0015758_1915798.jpg


今年は例年になくトマトの当たり年となりましたが、それでもやっぱり赤く熟す前の青いトマトが大量に残ってしまいました。
まだまだ日中は暖かいものの、朝晩は冷え込むようになってきたので、10月中旬の某週末、夫と二人で全部のトマトを収穫、畑を耕して土を柔らかくした後、ジャガイモの種イモを植え、上からビニールシートを被せて今年の畑仕事を終了しました。



さて、収穫した青いトマトですが、昨年までは窓際に置いて赤くなるのを待ってから食べたりしていましたが、やっぱり赤く熟してから収穫するのと違って、あまり美味しくない、、、
以前母が、ジャム(チャツネ)にするといいんじゃない?と一度作ってくれた事があったのですが、ちょっと渋みが残っちゃって、今一つだったため、それ以来は作らなくなりました。
何か他に美味しく食べられる方法はないかな、と探していて今年ネットで見つけたのが、青いトマトのピクルスでした。

いつもお世話になっているCookPadで青いトマトのピクルス、と検索をかけると結構な数が出てくるのでびっくり。
皆さん日頃から研究されてるんですね~
そのお陰で私も美味しいものにありつけるので、感謝してます^^

取りあえずレシピを見て、我が家にその時にある材料で作れそうなものを二種類試してみました。

どちらもカレー粉を使ってるのがミソ。

e0015758_19203614.jpg


レシピ通りにピクルス液を作ったら少ないかな、、、と思ったのですが、1週間してみるとトマトや玉ねぎから水分が出るらしく、ひたひたになっていました。

さて、肝心のお味の方ですが、これが見た目がちょっと、、、な割に美味しい!
カレー粉と酢で青いトマトの苦味が消えてて食べやすくなっていました。
青いトマト、2Kg程収穫があり、大き目の保存容器に5つも出来たので、来年の夏までたっぷり持ちそうです。

ちなみに作ってから食べごろになるまでは1週間、次のトマトの収穫時期まで持つ、と某レシピに書いてあったので半年ほどは持つようです。
これはいい保存食のレシピを見つけたぞ~と久々にホクホクしています。

それから、家にあった日本のお酢が途中で足りなくなったため、半分はこちらのスーパーで普通に売っているホワイトワインビネガーを使用しましたが、出来上がりの味は問題なかったです。
砂糖も足りなくなって、カスターシュガーとブラウンシュガーを混ぜて使いましたが、こちらも何の問題もありませんでした。
日本のレシピだと、どうしてもこちらで手に入れにくい食材もありますので、その辺はある物で間に合わせても良さそうですね。

この青いトマトのピクルス、これからは我が家の定番となりそうです^^
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2014-10-24 00:00 | おうちごはん


<< London Transpor...      今年の畑総集編 2014 >>