Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 07日

蒼い炎

e0015758_21425948.jpg

蒼い炎 羽生結弦

今年の春先に買っていた本なのですが、何となく手が伸びなくて積読本の一番上に乗ったままになっていました。

寒くなってきた今日この頃、すっかりスケート気分(?)になってきたので手に取りました。




e0015758_21453550.jpg


TVで羽生くんの演技を見た事はあっても、彼の背景をまったくと言っていいほど知らなかったので、本を読んで良かった、と言うのが一番の感想です。

普段はあまり自伝的な本を手に取る事はないので、これは私にしてはかなり異例のこと。
でもそれだけ羽生くんにスケートだけでなく、人間的な魅力があると言うことじゃないかな、と思います。
誰でも知り合った人がとても魅力的だったら、もっとその人のことが知りたい、と思いますよね。
それと同じことではないかな、と。

羽生くんのスケート観って本当に真摯で情熱的です。
あんなおっとりとした雰囲気でクールな表情のくせに、スケートのことになると人一倍熱くなってしまうところが、またファンを惹きつけて止まない理由なのかも。

e0015758_21512664.jpg


もちろんあの震災についての話も書かれています。

実は今年の夏発売になった彼のDVDも購入しました^^;
やっぱり演技をじっくり見たい、と思いましたので、、、
その中のインタビューで、震災があったから、とかスケートについては何も震災を理由にして逃げたくないんだ、と答えていて、なるほどな、と思いました。
それを理由にしてしまったら、何事もそれでしか語られなくなる、だからそのことを避けたいんだ、と言うのは実際に経験したからこその事だったんだろうな、と痛いほどよく分かりました。

先日のGPシリーズ第三戦で思いがけないアクシデントに遭遇、怪我をしながらも演技したことについて様々なことが語られていますが、きっと羽生くんの中では前述したのと同じ基準で物事をはかっていたのではないかな、と私は思います。

スケートに対してあまりにもストイックな態度を貫く彼の姿勢は、とても19才の若者とは思えない程成熟していて、彼の言動には彼よりずっと年上の私ですら時々ハッとさせられたり、ドキッとさせられます。

↑の写真は、ロミオ&ジュリエット。とても好きなプログラムです。
インタビューで「コンポーネントがまだまだだから、、、」と言っていましたが、いえいえ、そんなことはないです。
DVDを通しで見ていると、年を経るごとにスケーティングの技もですが、演技力の幅もぐっと広がっているのが分かります。
特にカナダに拠点を移してからの彼の表現力の豊かさが深まったのが、素人の私が見ても分かるほど。やはり1流のコーチ陣についたことで、素質が元々ある人だけに、才能も一気に開花したんでしょうね。

ジャンプは体の負担も大きいし、これからはもっとコンポーネントで勝負してもいいのではないでしょうか。
まだまだこれから先、少しでも長い選手生活を送って欲しい、とは私だけでなく、きっとファンの誰しもが願っていることだと思います。
1つ1つの試合も、もちろん大切ですが、先の目標にむけてもっと体を大事にして欲しいです。

羽生くんについてもっと知りたい!と思われる方はぜひ一度手に取ってみて下さいね。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2014-12-07 00:00 | Book Club


<< うまいぞ~      ちょっと嬉しい >>