2015年 04月 16日

アイルランド旅行記2、Dublin

e0015758_2345362.jpg

Croke Park Stadium

今回ダブリンで宿泊したホテルは、このクロークパークスタジアムの真ん前にあるクロークパークホテル。
なぜこのホテルになったかと言うと、夫とキーランが到着日の夕方、このスタジアムで行われるゲーリックフットボールの試合を見に行くためでした。
この日の試合は夫の父親の出身地、Limerickが出場するので、どうしても見たかったのだそう。

ゲーリックフットボールと言うのはアイルランド独自のスポーツで、サッカーとラグビーが組み合わさったようなものです。
アイルランドではフットボールはサッカーと呼ばれることが多いのですが(英国では逆にサッカーと言うとアメリカ英語だ、と嫌われます)それは、フットボールと言うと、ゲーリックフットボールを指すためだそうです。



e0015758_23514458.jpg


このスタジアムはゲーリックフットボールとハーリングの聖地、と呼ばれ、GAA博物館が併設されています。
(GAA=Gealic Athletic Assosiation)

e0015758_0433581.jpg


右側のスティックを使っているのがハーリング、左側のボールを奪い合っている絵がゲーリックフットボールです。

ちなみに二日目の夜、夫とキーランは今度はサッカーのEuroの予選を見に出かけたのですが、サッカーの代表チームの試合が行われるスタジアムは別にあって、そちらはAviva Stadiumと呼ばれています。

e0015758_23585773.jpg


ちなみに泊まった部屋なのですが、カーテンを開けると向こう側は線路と運河(?)になっていました。
線路を見た瞬間「うるさくて眠れないんじゃ、、、」と思ったのですが、泊まっていた2日間電車を見なかったんです。
廃線になったのかな?と、思ったら、出発日の朝電車が走ってるのを見ました。
どうやら宿泊していた土日の間はエンジニアリングワークで止まっていたよう。ラッキーでした。

e0015758_004714.jpg


面白いのが、アイルランドのほとんどのホテルで自国の国旗、EUの国旗と共にアメリカ、またはカナダの国旗が掲揚されていたこと。
お隣の国、英国国旗は見ませんでした(苦笑)

以前もアイルランドの旅行記中に書いたことがあるのですが、アメリカやカナダからの観光客は本当に多いです。
みなさんご自分のルーツや親戚探しに来るのだそうですよ。

e0015758_03971.jpg


朝ごはんもたっぷり食べて、この日の行動に備えます。

アイリッシュブレックファーストの特徴は、ブラックプディング&ホワイトプディングがあること。
私はブラックプディングが苦手なので、ホワイトプディングだけですが、、、

e0015758_042145.jpg


朝ごはんを食べて向かった先はトリニティコレッジ。
以前から見てみたかったケルトの書の見学です。

夫に「人気があるから早く行かないとダメだよ~」と言うのに、のんびりしていた為、到着したら、、、

e0015758_052120.jpg


すでにこんな行列が!!!

開館前に到着したのですが、もうお客さんたちがたくさん並んでいました。
中に入るまで大体20分ほど待ったでしょうか。
時折小雨が降って来て外で待つのが寒かったです、、、

e0015758_063170.jpg


残念ながらケルトの書は撮影禁止ですが、その後の見学コースに含まれるロングルームはフラッシュなしなら撮影OKです。

私が撮影していたら、後ろでスタッフから「フラッシュは止めてください!」と怒られている人がいました。
何気なく後ろを振り返ったら、怒られていたのは夫でした!!!(汗)
夫はいつも携帯で写真を撮影しているのですが、光源が足りなかったらしく勝手にフラッシュ撮影になってしまったのだそうです。

e0015758_011242.jpg


そこまでして撮影したかったのはこちら。

e0015758_0112480.jpg


どうも1916年のイースター蜂起の書類のようです。
(イースター蜂起についてはこちらをご参照ください)
来年はイースター蜂起から100周年にあたるので、アイルランドでもいろんなイベントが予定されているようです。

e0015758_015535.jpg


それにしてもこの図書館は本当に素敵でした。

スターウォーズ・エピソード2『クローンの攻撃』に登場するジェダイ・アーカイブはこの図書館をモデルに作られたそうですよ。

e0015758_0171941.jpg


こちらはフランシス・ベーコン、、、

e0015758_0174380.jpg


そしてこちらは、、、?

『ガリバー旅行記』でお馴染みのジョナサン・スウィフトの胸像がある、と読んだので見ようと思ったら忘れていたので、夫に「どこにあったの?」と聞いたら「これだよ」と言うので写真を撮ったのですが、後で見たらD・スウィフト、、、って書いてありました。これ違う人だよ~!
と言うことで、見事な胸像と言うお墨付きのジョナサン・スウィフトの胸像がどんなだったかは不明です。

e0015758_0203068.jpg

国立図書館

この後、National Galleryに向かいました。
イーファの名前の由来になった『The Marriage of Strongbow and Aoife』と言う絵が展示されているので、それを見せたかったのです。

受け付けでどの部屋に展示されているのかを聞いたら「現在修復作業中で、展示からは外されています」とそっけない返事、、、(涙)
なんだ~せっかく見に来たのに、、、がっかりでした。

どんな絵か気になる方はこちらをご覧ください。

子供たちはすっかりやる気を削がれて「ホテルに帰る~!」と騒ぎ出したので、夫が二人を連れて一旦ホテルに戻ってくれました。
私は一人でギャラリーで絵を見た後、今度は国立考古学・歴史博物館へ移動。

e0015758_0261231.jpg


途中、ヴァイキングの襲来に遭いました(笑)

みなさん大声で何やらヴァイキングの歌(?)らしきものを歌ってましたよ。

e0015758_0265575.jpg


こちらが博物館の入り口。

e0015758_0273193.jpg


博物館も前述のナショナルギャラリーも無料で入れます。

ここにある目玉の展示物が国宝の『タラのブローチ』と呼ばれるもの。
8世紀に作られた黄金のブローチで僧衣を留める為に使われたものだそう。
ブローチなので、小さな物を想像していたら、想像以上に大きかったので驚きました。

他にもアーダの聖杯やコングの十字架など見どころがたくさんです。

ケルト文化にとても興味があるので、とても面白く展示物を見ました。

それにしてもケルトの文化と言うのは本当に素晴らしいですね。
残念なのは高度に発達し過ぎた為に逆に文字が使われず、現在に至るまで謎が多いことなのだそう。
私はケルト文化と日本の文化に似たところがあるように常に思っているのですが、いつかケルトの謎がもっと解明されたら、日本文化との共通点も見つかるのではないだろうか、と楽しみにしています。

e0015758_0322895.jpg


博物館を出た後はちょっとコーヒーブレイク。

e0015758_0325176.jpg


ナショナルギャラリーと同じ通りに気になるお店を見つけていたので、そこまで戻りました。

e0015758_0331962.jpg


こんなにいろんな賞を取ってるんですよ。気になりますよね?!

と言うことで、最近凝っているラテの飲み比べ、としゃれ込んだのですが、、、

e0015758_0343416.jpg


こちらの写真は前日のAvocaでの一枚。
この日も実はラテを飲んだのです。

が、、、期待に反して、コーヒーが苦すぎて私の口には合いませんでした。

e0015758_036668.jpg


そしてこの日のラテも、、、コーヒーが苦すぎて私の口には合わず、、、残念。

偶然、この2店舗ともコーヒーが濃すぎたのか?それともダブリンの人は濃いコーヒーが好きなのか?

この後、夫の従兄弟の家に宿泊した際に、コーヒー党の従兄弟の奥さんに聞いてみたのですが、アイルランド人は濃いコーヒーが好きなのかもしれない、と言われました。
外出先でコーヒーを飲んでも、さほど苦いと思った事はない、とあっさり言われてしまい、やっぱりアイルランド人は濃いコーヒーに慣れているのかも、と思った次第。

と言うことで、アイルランドのラテは私には大人の味すぎました(苦笑)

e0015758_0384365.jpg


ホテルに戻る途中、トリニティコレッジの敷地内を通り抜けたら、もう誰も並んでいませんでした。
この日は日曜日だったので閉館時間が早かった模様。

e0015758_0393322.jpg

光の尖塔

オコンネルストリートの中ほどに建つ高さ120mの塔。
以前ここにはネルソン提督(ロンドンのトラファルガー広場には銅像がありますね)の記念柱が建てられていたそうですが、打ち壊されたそうです。2003年、跡地にこの塔が建てられました。

e0015758_044483.jpg


2泊のダブリン、正直時間が全然足りませんでした。
他にも見たい博物館や行きたい場所が多くあったのですが、どれも時間切れ~
今度は3,4泊してじっくりダブリンだけを見学したいな、と思いました。

おまけ。

e0015758_046214.jpg


ホテルの狭~~~い窓スペースに隠れて夫の携帯でゲームをしているイーファの足。
どうして子供ってこういう狭いスペースが好きなんでしょうね?

旅行記3日目に続く。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2015-04-16 00:00 | アイルランド・2015


<< アイルランド旅行記3、Lime...      アイルランド旅行記1、Dublin >>