2015年 06月 19日

Vote for Britain's Favourite Bird

e0015758_1822547.png


5月に英国総選挙が行われて、保守党が予想外の勝利をおさめたのも記憶に新しいところですが、同日に裏選挙が行われていたのをご存知の方いらっしゃいますでしょうか?

それが、英国を代表する鳥を選ぼう、と言うものでした。

例えば国を代表する花なら、イングランドは薔薇、スコットランドはアザミ、そしてアイルランドならシャムロック(花と言うよりも葉っぱですけど)と伝統的に伝わるものはありますが、鳥は今迄ありませんでした。

そこで鳥好きなDavid Lindoさんが中心となって、総選挙と同じ日に国鳥を決める選挙が行われたのです。



e0015758_18115794.jpg


選挙の結果、見事第一位となったのが、こちらのロビン。

この国ではクリスマスカードのイラストとして有名ですけど、実はクリスマスシーズンだけでなく一年中見られる馴染みの深い鳥でもあります。
我が家でも庭に時々やってきますよ。

第二位だったのはBarn owl。
Davidさん曰く、子供たちの票が多く入ったため二位に入ったと思われる、とのこと。
これもハリポタ効果でしょうか。

第三位はBlack Bird。
これもこの国ではよく見られる鳥です。

三位以下、十位までの鳥が気になる方はぜひこちらのリンクをご覧ください。

私もキーランから頼まれてロビンに一票を投じたので、選んだ鳥が一位になってちょっと嬉しかったです。

日本だと国の花と言えば桜ですけど、鳥、、、ってなんでしょうね?
サッカー日本代表のエンブレムは八咫烏ですけど、あれは伝説上の鳥ですしねえ、、、
一般的に馴染みがある鳥って、雀、、、?
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2015-06-19 00:00 | その他


<< ほうれん草のサラダ      Wembley >>