2015年 11月 16日

Children in Need 2015 Star Wars Sketch

e0015758_2355322.jpg


1980年から毎年この時期に行われているBBCのチャリティ番組、Children in needが今年も行われました。

今年は1980年の初回からずっとプレゼンターを務めていたSir Terry Woganが腰を痛めて出演できなくなり、番組30年以上の歴史上初めて放送直前に降板する事態に。
代打はDarmot O'Learyが務めました。
アイリッシュからアイリッシュへのバトンタッチでしたね。

DarmotはBig Brother Little Brotherの頃からのファンですが、彼の軽妙な語り口はアイリッシュ独特のものではないかな、と思います。
Sir Terryもそうですけど、アイルランド人って語りが非常に上手い人が多いですね。
さすが吟遊詩人を生んだ国だけあります。




さて、このチャリティ番組が面白いのは、様々な芸能人、セレブレティ達が参加して、番組を盛り上げてくれるところ。
毎回ダンスやコメディ、寸劇など、この番組でしか見られない特別なプログラムを作ってくれるのですが、今回の見どころは年末に公開を控えているスターウォーズをモチーフにしたミニコメディドラマでした。

毎年この枠はDr.Whoを取り上げるのが恒例なんですが、今年は映画があるから?なのかスターウォーズでしたね。

そのスターウォーズモチーフのコメディドラマに、年始に新しいドラマの放送を控えているMartin Freemanが登場していました。
芸達者な彼ですが、今回はなんと!ヨーダの物まねを披露してくれています(笑)
これが似てるのなんのって、大爆笑もの。

マーティンだけでなく、短いドラマ中にはルイス・ハミルトン、Will I AM、Sir Alan Sugar、バーバラ・ウィンザー、スティーブ・マーチャント、そしてテリー・ウォーガンと錚々たるメンツが顔を出しています。

そしてこのドラマで主役を演じているWarwick Davisはスターウォーズファンにはおなじみの有名俳優さん。
彼はジェダイの帰還(昔はジェダイの復讐、というタイトルでしたが、変更されたんですね)でイォークを演じていた役者さんなんです。

スターウォーズファンならきっと思わずおかしくて吹き出してしまうであろう、こちらのミニドラマお時間ある方はちょこっと見てみてください。
全部で7分ほどです。

Youtubeのリンク
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2015-11-16 00:00 | その他


<< アラビアのお皿      辰野金吾 >>