Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 15日

Christmas Dinner

e0015758_20454095.jpg


新年も明けてだいぶ経ちましたが、いまだに年末の話題でスミマセン。

2015年のクリスマスはこちらの国に来て初めて、クリスマスディナーを自宅で用意しました。
最初の年は義理の母が用意してくれて、翌年からは長兄夫婦の家で過ごしていたのですが、昨年は長兄夫婦の子供たちが集まることになったので遠慮して、我が家と夫の一番下の弟の5人でクリスマスを過ごすことに。

クリスマスと言えば我が家では定番のこちら??
やっぱり外せないフランク・シナトラです^^
クリスマスシーズン中はこれがエンドレスでかかってます(苦笑)



e0015758_20514927.jpg


さすがに結婚して10年以上この国で暮らしているので、クリスマスディナーに何を用意したらいいのかもう悩まずに済みます。
普段からこの国ではローストディナーと言って、日曜日にはローストチキンかローストビーフ、ポークなどなどのお肉料理を作ることが多いのですが、クリスマスディナーと言うのはそれのちょっと豪華版。
お肉のメインはターキー(七面鳥)で付け合わせのお野菜やローストポテトを添えるのが定番です。

ターキーがメインになったのは比較的最近の話で、1960年代から70年代にかけてだそう。
この時期、畜産業が効率化され、七面鳥の大量飼育が可能になったことから、価格がお手頃になり一般家庭でもクリスマスに七面鳥を手に入れることが出来るようになったのだそうです。

ではそれ以前は何を食べていたのか、と言うと、お金持ちの家ではチキンやビーフ、グースなど。貧しい家では牛や豚の普通のお肉以外の部分、つまり例えば脳みそとか舌とか足とか安い部位を食べていたようです。

この時期にいつも思い出すのがシャーロック・ホームズの「青い紅玉」。
ストーリーの中で、クリスマスにガチョウ(グース)を買う場面が出てきますよね。
かえって現代ではグースはあんまりポピュラーではなく、一般のスーパーの肉売り場ではそんなに見かけることはありません。
現代の英国でクリスマスにわざわざグースを食べる人ってグルメっぽい扱いかもしれないです。
そういう人はスーパーで買わずに、ちゃんとお肉屋さんで買うのでは?と思います。

e0015758_2153326.jpg


この日の我が家のディナーは、スターターに(写真がないんですが)義弟が作ってきてくれたマッシュルームのスープ、メインはターキークラウンとガモン(ハム)にローストポテトとスタッフィング、お野菜です。

なかなかうまく出来たぞーと思ったら、ガモンをローストする前に茹でるのを忘れていて、激塩辛、、、(汗)
(ガモンは焼く前に茹でて塩抜きしないといけないのです)

後で残ったスライスは茹でて塩抜きしました^^;

e0015758_2181816.jpg


デザートはクリスマスプディング。
どこで買った物か忘れちゃったんですが、ずっと戸棚に眠っていたプディングです、、、
(クリスマスプディングはえらい長持ちするので、賞味期限が2年後とか当たり前にあります)

これが意外にも甘すぎなくてすごく美味しかった~~~
どこで買った物なのか分かったら同じものをまた買ったのになぁ。

今年のクリスマスはどうなるかまだ分かりませんけど、我が家でやるようだったら、ガモンは忘れずに塩抜きしないとーと覚えておきます。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2016-01-15 00:00 | おうちごはん


<< お正月のおせち      Good Bye Mr. Bowie >>