2016年 01月 13日

Good Bye Mr. Bowie

e0015758_19291995.jpg


昨日の朝7時、いつものようにBBC Breakfastを見ていたら突然のBreaking News。
大抵Breaking Newsと言うのはあまり良いニュースじゃないので「今度は一体何が起きたんだろう」と思ったら、ディヴィッド・ボウイ氏死去のニュースでした、、、

新しいアルバムが先週金曜日に発売、ここのところプロモーション等よく見かけていたので、あまりにもこの意外なニュースが信じられなかったのですが、息子さんのダンカン・ジョーンズさんもツイッターで認めた、と聞いたら「ああ、やっぱり本当だったんだ」とガックリしました。

18か月間も癌で闘病していた、と言っていましたが、その間もずっとアルバム制作をしていたってことですよね、、、これが最後のアルバムになるかもしれない、と覚悟していたのでしょうか。
新聞等のヘッドラインにも使われていますが、アルバムからカットされたシングル『Lazarus』内で「Look up here, I'm in heaven」と彼が歌っていたのは、彼なりのお別れの言葉だったのかもしれませんね。
今回発売された新譜「ブラックスター」各新聞の批評では4つ~5つ星とかなりの高評価でした。
これが最後の新譜ですし、きっと購入される方がたくさんいらっしゃるでしょうね。
そういえばV&Aで少し前に行われたボウイ展も、もしかしたら自分は先が長くない、と知っていてエキシビション公開をOKしたのかも、、、と思ったのですが、これは少々穿った見方でしょうか。

私はそんなに大ファン、と言う訳でもないので大変おこがましいことではあるのですが、それでも私なりの思い出がありますので、今回記事に書いてみました。
お時間がある方は続きを読んでみてください。



そんな伝説のロックスター、時代のアイコン、ディヴィッド・ボウイですが、私にとっては楽曲よりも先に映画で彼を知ったのが先でした。

e0015758_1856465.jpg


小学生の頃、『ネバーエンディングストーリー』『ダーククリスタル』にはまった私が同じように好きだったのがこちらの映画、『ラビリンス・魔王の迷宮』です。
これを先に知っていたので、あの魔王がロックスターだと後で知ってびっくりしました。
それでも私の中では俳優D・ボウイのイメージが強くて、彼のCDを購入したのは、実は随分大人になってから、「’hours...'」が最初でした。

e0015758_1924846.jpg


この中の「Thursdays Child」と言う曲がとても好きでアルバム買ったんでした、、、

この〇〇曜日の子供と言うのはこちらでは有名な詩で、義姉のローズもあなたは〇〇曜日生まれだから〇〇ね、とよく言います。

Mondays child poem

Mondays child is fair of face,
Tuesdays child is full of grace,
Wednesdays child is full of woe,
Thursdays child has far to go,
Fridays child is loving and giving,
Saturdays child works hard for his living,
And the child that is born on the Sabbath day
Is bonny and blithe, and good and gay.

ディヴィッドは木曜日生まれだったので、タイトルをThursdays Childにした、と何かで昔読んだか聞いたかしたような気がします。

とは言えやっぱり私にとっては俳優ディヴィッド・ボウイがとても大きな存在として残っています。
一番好きだったのは「戦場のメリークリスマス」。
小学生の時にTVで放送されたものを最初見たのですが、坂本龍一さんとボウイのキスシーンが子供心に衝撃でしたねえ、、、
それにもまして、ジャック・セリアズ少佐役のボウイの美しさと言ったら。
お人形のような容姿の彼に子供ながら恋してました。
大人になってからも何度か見ましたが、やっぱり何度見てもボウイは美しいなあ、、、と思います。
もちろん、演技も素晴らしいんですよ。
彼の本職はロック歌手のはずなのに、本職の役者を場面によっては存在感で食っちゃってます。
ああ、やっぱりもう一度見返したいな。

たぶんこれから英国ではボウイの特別番組があちこちで放送されると思うのですが、ラビリンスと戦場のメリークリスマス、どこかで放送してくれないかなー、、、Film4あたりで放送がありそうな気がするのでチェックを欠かさないようにしなくては。

これで本当に伝説となってしまったディヴィッド・ボウイ。
彼と同じ時代に生きて彼の作品を楽しむことが出来たことに感謝しています。

Thank you and good bye Mr.Bowie. RIP



*おまけ
私の大好きなコメディ「Extras」に出演していたシーンを探したのですが、残念ながら著作権の関係で削除されてて見つかりませんでした。
この番組内でディヴィッド・ボウイが大真面目にリッキー・ジャヴェイスをものすごいヒドイ歌詞を即興で作って揶揄する、と言うシーンがめちゃくちゃ面白かったのですが、、、どうしても見たかったらDVDってことでしょうかT_T
皆さんにお見せ出来ないのが残念です。
代わりにバックステージのインタビュー映像があったので、載せておきます。
これを見ると短いインタビューなのですが、彼なりの作品づくりにおける姿勢がすごくよく分かります。
楽曲にしても、俳優にしても、このようなコメディ作品に出演するにしても、彼は彼なりのアートに対する自分の信念があり、常に真摯な姿勢で作品作りに取り組んでいたんだな、と改めて思いました。
映像内には少しだけ「Extras」の撮影風景も写ってます。


[PR]

by jamieoliverlove2 | 2016-01-13 00:00 | その他


<< Christmas Dinner      クランベリーケーキ >>