Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 06日

息子のお誕生日会

e0015758_2146368.jpg


夫がフランスへフットボール出張に出かけちゃって1週間いなかったので、息子のお誕生日会も1週間遅れでやりました。

毎度のことながら、大掛かりには絶対やらないので、今回も呼んだのは2人だけ。
面倒なことはなるべくやりたくないのです(^▽^;)



今年はいつもとちょっと顔ぶれが違いました。

一番の親友のシャロンくんは毎度のことながら来てくれましたが、幼稚園の時から仲が良かったMくんは故郷のインド・ゴアへ5月中旬帰国してしまったので今年は来てもらえませんでした。

インドというとヒンドゥー教、と言うイメージが強いのですが、ゴアはカトリック教徒が多い土地です。何でなのかな、と一度調べてみたことがあるのですが、意外な日本とのつながりがあってびっくりしたんですよ。

皆さんも歴史で習ったかと思うのですが、日本へ布教にきたイエズス会のフランシスコ・ザビエル。
彼は日本で布教活動を終えた後、西へ西へと移動しながら故郷のスペインへ帰る途中、インドのゴアで亡くなったんです。
なので、ゴアには彼のお墓があるそうですよ。
そんなことでゴアはカトリック教徒が多いのだそうです。

*後でよくWikiを読んでみたら、ゴアで亡くなったのではなくて、なんと中国で亡くなっていました!その後遺骸がゴアに運ばれたのだそうです。間違ったことを書いちゃってごめんなさい!
詳しくお知りになりたい方はこちらをご参照くださいませ。

そんなMくん、昨年末に地元で有名な学校の試験を受けて合格したため、そちらの学校へ転校することになりました。

英国では小学校を卒業した後、セカンダリースクールという、日本でいうところの中・高校が一緒になったような学校へ通うことになります。
一般の公立校、宗教系の学校、進学に力を入れるグラマースクール、そしてお金を払って通わせるプライベートスクール、と何種類かの選択肢がありますが、我が家は通っている小学校の90%の生徒が進学するカトリック系の学校に通わせる予定です。
これも以前ちょこっとお話しましたが、英国はロッタリー方式を取っており、学校から近いところに住んでいる順に生徒を取っていくので、100%確実ではないのが、恐ろしいのですが、、、
他に我が家の周りにまったくいい学校がないので、なんとしてもそこに入ってもらわないと困るなあ、、、と正直思っています。
きっとそういう感じなので、Mくんもゴアに戻っちゃったのかもしれません、、、

そんな訳で今年はMくんの代わりにAくんが我が家へ来てくれました。

Aくんはクラスでも優等生で、日本で言うと学級委員を務めそうなタイプの男の子。
ひょろっと背が高くて、愛嬌のある笑顔を浮かべる、なかなかの好少年です。
イースターの前に、クラスでイエス・キリストがユダに裏切られてはり付けになるまでのお芝居をしていたのを見に行ったのですが、彼は主役のキリストを演じていました。
物悲しい声で歌を歌ったり、簡単な振り付けで踊ったりする様が本当に板についていて、なんて上手なんだーと驚いたものです。
見ているうちにホントにキリストに見えてきたくらいです。

そんな彼、我が家に来て私を見るとすぐに「こんにちは、ミセス・〇〇」と挨拶してくれました。
うぉぉぉ~そんな挨拶、この国に来て初めて子供からされたぞぉぉぉ~!とちょっと興奮。
よく昔の映画なんかでは、小さな子供たちでも必ず大人に挨拶するときは礼儀正しく「ミセス・〇〇」って名前を呼びますけど、今の世の中そんな礼儀正しい子供に出会ったことがありません。
もちろん我が家の子供たちだって、そんな挨拶出来ないです。
いやあ、、、優等生くんは挨拶からして全く違うんだなぁ、、、とえらい感心してしまいました。
いやいや感心するだけじゃなくて、我が家の子供たちも再教育ですわ。
Aくんという素敵な少年に心癒されてしまった週末でした。
息子のお友達でいてくれてありがとう〰( ;∀;)
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2016-07-06 00:00 | Child


<< AbFab The Movie      サバ缶のパスタ >>