Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 13日

靴とカバン

e0015758_2030217.jpg

白い靴

毎日暑いですね。イギリスとは思えない暑さです。気をつけてたんですけど、首の後ろが焼けちゃいました。痛いですよ~(T_T)

以前コケてすぐに妊婦にも危なくない靴を買おう、と思ってキャスでキャンバスの白いスニーカーを買いました。夏にはやっぱり白い靴だ!と思ったんです。
気に入って結構はいていたのですが、だんだんお腹が大きくなるにしたがって、紐靴は前かがみになるのがツライ上に、足がむくんで大きくなってきたせいかサイズがきつくなってきて、最近ではあまり履いてません(汗)
私は足が小さいので、こちらで足に合う靴を探すの大変なんですけど、キャスのこの靴は珍しく小さいサイズから揃ってたんですよね~。

e0015758_20334643.jpg

かかとにキャスロゴが入っててかわいいんですよ♪



昔神戸に居た頃、靴が安くてよく買っていました。
神戸は別名「履き倒れの街」と言われてます。靴の下請工場が多い関係で、靴の安売り店もとっても多いんですよ。
短大時代は丁度バブルの時期もあって、みなさんイケイケな格好の方が多かったんですが、私も例に漏れずヒールの高い先の尖ったイケイケなパンプスを履いて、神戸の街を闊歩しておりました(笑)

そんなある日のこと、足に激痛が走って見てみると・・・。
左足が外反母趾気味になっていて、なんと両足の裏に計20個ほどの魚の目が出来ていたんです!この話をすると友人たちは「そんな大げさな~」と笑うんですが、これ、本当の話なんですよぉ!

小石を踏んでも飛び上がるほど痛い魚の目・・・(T_T)
その魚の目の大きさに薬をしみこませた絆創膏を切って地道に貼ること1ヶ月。
ある日お風呂上りに絆創膏を取り替えようと外したところ、なんと魚の目がポロリンと取れました!それを皮切りに両足の魚の目たちがポロリン、ポロリンと全部取れちゃったんです!
足の裏はまるで月のクレーターのように穴ぼこだらけ。でもあの痛みからは解放されました。
それ以来、足に無理のかかるような靴を履くのをきっぱりと止めました。

そんな私が色々と試行錯誤して探し回った足に無理のかからない靴。
ある日雑誌「エル・ジャポン」のメールマガジンでエディターさんが絶賛していたPOEというブランドの靴の記事が気になって、ラフォーレ原宿にあるお店に出かけてみました。今からもう6年ほど前の話です。(現在はラフォーレ原宿の中のお店はなくなりました。購入はネットで、もしくは近くのお店は添付したURLで見てください。)

e0015758_20443721.jpg

POEの靴

柳典子さん、というデザイナーさんがこだわって作っているPOEの靴。エディターさんのお勧めだったこのレースアップシューズ、まずはエナメルの黒を買いました。
足が外反母趾気味だったのと、もともと足幅が広めなのもあって足にゆとりのあるデザインがいいな~と思っていたのですが、そんな私の悩める足にもぴったり!まさにシンデレラの気分でした。
夏にはもちろん、冬にもタイツに合わせてほぼ毎日履くほどのヘビィローテーション!パンツでもスカートでも合うのがとっても良かったです。
そして渡英直前、すでに5年ほどはき続けていたので、もし途中で壊れたら困るな~と思い、もう1足買い足しておこう・・・と同じデザインの黒の皮のレースアップを買いました。
これが正解・・・渡英してすぐにエナメルの1代目の靴のレースが切れちゃったんです!
慌てて母に送りつけ、修理を依頼することに。
お店で両足のレースを取り替えて、中敷は無料で交換。 
自分が夏に帰ったときに靴のかかと部分と底をミスターミニットで補強してもらって、無事また履けるようになりました。
いい靴は修理して何年も履き続けることができるのがいいですね。

そして靴と同じくらい好きなのが、カバン・・・。

e0015758_20573075.jpg

みつばちトート

バブリーなOL時代、色んなブランドのカバンをとっかえひっかえして通勤してました。ヴィトンにプラダにグッチ・・・。いいブランドのカバンはいい皮を使っているので、それなりに重さがあって中にちょっとしか物を入れていなくてもすごく重いんですよね・・・。
グッチのバンブートートが流行っていた頃、私も気張って使ってたんですけど、タダでさえ荷物の多い私がこれを使ったら、見事腰を壊しました(大汗)腰にサロンパスを貼って通勤する冴えないOL・・・(^^;)
それ以来軽くてかわいいカバンが通勤カバンには一番、という結論に達した私はそういうカバン探しの旅に出ました(笑)

そして出会ったのが写真のみつばちトート
もともとトートバック大好きだったんですけど、このみつばちトートのすごいところは自分で好きな色の組み合わせのオーダーができる、というところ。
今までトートバックっていうとLLビーンのように白地に紺、など決まった色しかなかったと思うんですけど、これはピンクに赤、や白に黒、などありそうでなかった色の組み合わせが可能なんです。(毎月決まった3色の中から選ぶ方式です。詳しくはサイトを見てみてください♪)
このみつばちトート、天然生活の先月号にも特集されていました♪長年のファンとしては嬉しい限りです。
写真は私のみつばちトートコレクションのごく一部(笑)
お洋服の色や気分に合わせて会社に持っていってたので、実家に置いてきたものもたくさんあるんです。今度日本に帰ったら全部持って帰ってこよう~(^^)

現在ではネットだけに限らず、表参道に路面店も出来てますますみつばちトート人気は広まっているようです。軽くてかわいくて働き者ののみつばちトート、このブログを通してもっと色んな人に知ってもらいたいな~と思ったので紹介することにしました♪
(ネット販売は国内発送のみです。)

そして、こちらに来てから愛用しているカバンがこれ!
e0015758_21104728.jpg

マリメッコの斜め掛けカバン「ETRO」

日本と違って、油断していると何が起こるかわからないロンドン。
特にスリや引ったくりが多いので、お買い物の際はなるべく斜め掛けのカバンを愛用しています。両手があくので、ショッピングに便利、という利点もあるんですよ。

このカバンはロンドンで使っているお洒落な人を見かけて以来欲しいな~と思っていたもの。ある日セルフリッジの中にマリメッコのブティックがあるのを見つけて入った時に赤いウニコ柄のこのカバンを見つけました。色違いも何色かあったのですが、とりあえず赤にしてみよう、と思ってこれを買って使い始めたのですが、物が沢山入るし中に小さなポケットがついてるし、ちゃんとマグネットがついてて上の部分が閉まるし、と予想以上に使いやすくてすっかりお気に入りになりました。

そして1年以上使ったある日「色違いが欲しい!」と思い立って、セルフリッジに行ってみると・・・。「あれ?マリメッコがなくなってる!」
なんとマリメッコだけのコーナーがあった場所にはスカンジナビアンデザインの違うお店が入ってました。マリメッココーナーはレジの前に小さい物があるだけ。カバンも品数が少なくなってました。

でも!
e0015758_21174263.jpg

路面店が近くに出来てたんですよ~!

Marimekko
16/17 St.Christopher's Place, London, W1U 1NZ
www.marimekko.co.uk

早速お店を覗いたのですが、私の欲しい「ETRO」は人気商品らしくてストックが切れていました。お店の人が本国にオーダーをかけてるので、入荷したら連絡する、と言ってくれたのですが、赤ちゃんが生まれたら取りにいけないな~と半分諦めつつセルフリッジに行く用事があったので、あのマリメッココーナーを覗いてみたら・・・なんと欲しかった白と黒のウニコ柄のETROがあるじゃないですか~!それも1つだけ(^^)
急いで手にとってレジに直行!お店の人が「マリメッコの路面店が出来たの知ってる?」と言うので「今行って見てきたけど、これなかったの」というと「時々ストックが違うものがあるからね」との話。欲しい物が見つからない時は路面店、セルフリッジと両方見てみることをお勧めします。

お洋服に合わせて赤と黒を使い分けしてます♪
斜め掛けは赤ちゃんが生まれてからも使えるので、これからも愛用予定です(^^)
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2006-06-13 21:26 | お買い物


<< 出来ました~!      アンティークフェアに行きました >>