2006年 07月 26日

さよならベルカンプ

相変わらずイギリスとは思えない暑さが毎日続いております・・・。
最高気温33度、34度なんて聞くと「ここは日本か!?」と思ってしまうことも。
日本だったら家にはエアコンがついてるのが一般的ですが、こちらではエアコンなんてついてないし、おまけに扇風機もないのが普通。
うちはたまたま物置に以前住んでいた義兄が置いていった小さい扇風機があったので、それを使って暑さをしのいでおります。

そんな暑さの中、アイルランドから夫の友人、ダブリンに住む愉快な二人組の片割れジュードがやってきました。ヒースローから夫に電話してきた彼、「今から赤ちゃん見に行ってもいいかな」と言うので夫が「いいよ~」と気楽にOKしたのですが・・・

バックパックを背負って空港からやってきたジュード。
私は彼は赤ちゃんを見にだけやってきたのだ、と思っていたらなんと「宿を提供してくれるなんて、本当にありがとう、助かるよ」と言うではありませんか!
彼が席を外したときに「何で勝手に泊まっていい、なんていうのぉ!?こっちは赤ん坊の世話だけで疲労困憊だよ!」と文句を夫に言ったらば「僕だって彼が泊まるなんて知らなかったよ」と言うではありませんか・・・
どこかで言葉の行き違いがあったのかもしれませんが、恐るべし!ジュード!!!



私もサポートしているArsenalの名プレイヤー、デニス・ベルカンプのテステモニアル(引退試合)を見に、新しくできたホームスタジアム、エミレーツスタジアムに行くことでした。

私がプレミアリーグを見始めてArsenalを応援しだした頃、ベルカンプはまさに脂がのった選手でチームを引っ張るリーディングプレイヤーでした。
ゴール前での冷静なプレイと他の選手にはまねできないような技巧的なボールさばきには本当に唸らされたものです。
オランダ代表を引退した後、だんだんとArsenalでもスタメンからはずれる事が多くなった彼。
毎年、引退のうわさが流れる中、サポーターから「やめないで!」と声があがり、現役を続けていましたが、とうとう引退することになりました。

私も一度だけ、ハイバリーでベルカンプを見る機会がありましたが、やはり年をとっても要所、要所をしめるようなプレイスタイルは変わっていませんでした。
まだまだ現役でも大丈夫、と思ったんですけどね・・・。

先週土曜日に行われたテステモニアルでは、伝説的なプレイヤー、ヨハン・クライフやマルコ・ファン・バステンなども参加してまさに伝説的な試合となりました。
私もベビーのお世話がなかったら、試合を見にスタジアムまで行ったのになあ!
もちろん、この日はTV観戦ですよ(^^;)

さて、翌朝ジュードが「Saoriにお土産があるんだよ~」と渡してくれたのが、これ!
e0015758_1981664.jpg

テステモニアルを見に、スタジアムに行った人たちに配布されたお土産Tシャツ!

TVを見てたら、みんなお揃いのTシャツを着ていて「いいな~」と思ってたんですが、まさかもらえると思ってなかったのですごく嬉しかったです♪

裏はこんな感じ
e0015758_1910660.jpg

Tシャツ、XLなのでかなりでかいです(汗)
着る機会あるのかしら!?夫は「妊婦になったら着れるよ」と言いますが(汗)

もう彼の華麗なプレイを見ることがなくなってしまって、とても寂しいですが・・・ベルカンプ選手、長い間おつかれさまでした。あなたのプレイには本当に魅了されましたよ(^^)

そしてジュード・・・Tシャツどうもありがとう!
また泊まりに来てね(爆)
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2006-07-26 19:12 | その他


<< マザーズバック      お夕食に招待されました >>