2007年 04月 02日

Hoover building

e0015758_531228.jpg

Hoover Building

A40沿いに建つ、この目立つ建物。いつも前を通るたびに気になっていました。
掃除機といえばHooverという代名詞にもなっている、英国Hooverの元本社ビルです。
1932年に建てられたアールデコ様式の見事な装飾のビルディングは一際異彩を放っています。現在ではフーバーはウェールズやグラスゴーなどにオフィスや工場が移転してしまい、ここには入っていません。
夫はその昔、フーバーがまだこのビルの中にあった頃働いていたことがあったそうです。
中も見事なアールデコ様式でかなり見ごたえがあるデザインだったとか・・・
そんなフーバービルディングの中に入るチャンスがやって来ました!



e0015758_57183.jpg

誰でも中に入ることができます。

何故って?!それは・・・もうちょっと近づいてみましょう。
e0015758_574936.jpg

じゃじゃーん、なんとTescoなのです・・・(^^;)

ビルは現在では勝手に壊したり改築したりすることが出来なくなっているそうです。
なので、もともとのデザインを生かした形でテスコの看板も出てます。
こんなテスコは他の場所では見ることができませんよね。
なんだか大昔のSF映画に出てきそうなデザインです。

e0015758_595425.jpg

ライトのデザインもすごく斬新。

今ではレトロシックなこのライトのデザインも、きっと当時では最新流行のデザインだったんでしょうね。一列に等間隔で並ぶこのシルバーのライト、ミニチュアにしたら、家の中のライトとしても可愛いかも、って思いました。

e0015758_5114687.jpg

建物の側面部分

今では鳥のふ○まみれになっちゃって、お掃除もマメにしてもらえてないみたいです。
なんだかちょっぴり寂しいような。
それでもこの色彩感覚とデザインはかなり独特で面白いと思います。

何とかA40沿いからいつも見ている建物の前面部分を写真におさめられないか、と思い、ぐるっと建物を回ってみたら、中に入れそうな部分がありました。

e0015758_5134569.jpg

門柱のデザインもこんな感じ

門扉は開いていたのですが、門柱に注意書きが書いてあって、関係者以外立ち入り禁止、となっていました。誰もいないし(週末だったので)門も思いっきり開いていたので、入ってもいいかなあ・・・とちょっと(かなり)入りたかったのですが、何かあったら困るので、渋々諦めました。
あの特徴的な正面はやはりA40から望むしかないようです。

ちなみにテスコの中はいたって普通。
もともとウェアハウスだった部分をテスコにしているので、特に変わったアールデコの意匠が見られる訳ではありません。他のテスコとまったくおんなじ。ちょっと残念でした。
オフィス部分は夫がかつて働いていた時と同じで、今でもアールデコデザインが多様されていて、かなり面白いビルの内装だそうです。
ちょっとだけ内部の写真が載っているので良かったらこちらからどうぞ。
いつかこのオフィスの内部も見られる機会がくるといいな~と思っています。
英国フーバー社の歴史についてはこちらからどうぞ

帰り道、夫がいつも気になっていた運河を見に行きました。
e0015758_5204883.jpg


ここはいつも石釜のピザを食べに行く近所の運河から繋がっているのだそう。
夫はいつもここの前を通っては気になっていたらしいのですが、今回初めて運河を見に来ました。

e0015758_522934.jpg

ナロウボートがのんびり運河を下ってきます

夫が以前から気になっていたのは、ここから定期船でカムデンマーケットまで行くことができる1日コースがあるというもの。
コースによってはアフタヌーンティをナロウボートで楽しみながら、運河をのんびり下ることもできるのだそうです。
いつかアフタヌーンティ、してみたいなあ・・・・。

e0015758_5245470.jpg

向こう側から一人乗りのカヤックがやってきました

嬉しくなって一生懸命追っかけて写真をパチリ
e0015758_525514.jpg


その時事件はおきました!
ひゃー、足元がぬかるんでぐちゃぐちゃだったのです(T_T)
私の靴もジーンズの裾も泥だらけに・・・・(大汗)
足元もちゃんと見て歩かないといけませんね。
子供じゃあるまいし、泥んこの足元になってしまいました。
それでも水辺ってやっぱりどこかのんびり、リフレッシュできる場所だな~と思ったのでした。
今回はちょこっと見に来ただけですが、次回はもっとのんびり過ごしに来れるといいな。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2007-04-02 05:22 | ロンドン近郊のお出かけ


<< お散歩      007がやってきた >>