2007年 06月 07日

お友達が来たので・・・

中学校時代からの友人、まりちゃんが日本から遊びに来てくれました。
彼女とは中学校の1、2年生の時の同級生。
3年になった4月に私は神戸に転校してしまって、その後しばらく手紙のやりとりをしていましたが、いつの頃からかそれもなくなり、その後約十数年間音信不通になっていました。
私がイギリス留学から帰国後、通い始めた英会話スクールである日パーティがありました。
それに出席したところ「あれ?さおりちゃん!?」と声をかけてくれた人が・・・見るとまりちゃんでした。縁ってあるものなんですね。
それからまた交流が復活して、今年で約10年のお付き合い。いつも帰国時には遊んでくれるのですが、今回はわざわざこちらまで遊びに来てくれました。

e0015758_20104882.jpg

Hyde Park



やっぱり日本から来たらお買い物に行きたいハロッズ。
夫が平日、1日お休みを取ってくれたので、キーランを預けてハロッズでお買い物三昧。
ランチはラデュレでサラダとケーキ。
もっと豪華ランチにしても良かったのですが、ここはケーキがメインなので(笑)サラダ程度にしておかないと入りません。
それでもまりちゃんはラデュレの前に「日本だと2時間待ちだから!」とクリスピークレームでドーナッツを買って食べていました・・・私はケーキを食べるので我慢してましたよ~

そういえば、まりちゃんから「日本にもラデュレできるらしいよ、この秋」との情報が。
美味しい物師匠のまりちゃんはいつも美味しい話を色々知っていて教えてくれます。
やっぱり日本にもラデュレ出来るんですね。出来ると思ってたけど(笑)

ハロッズでお買い物の後はハイドパークを散策しながらケンジントン宮殿へ向かいます。

e0015758_20145344.jpg

緑がまぶしいです

地図で見たら結構近かったんですけど、歩くと距離ありますね・・・普段の運動不足がたたって、最後はへとへとでした(^^;)

途中、ロイヤルアルバートホールを眺めつつ、
e0015758_20161511.jpg


これ、何の塔?なんでしょう?
e0015758_20171336.jpg

豪華絢爛でした

30分以上てくてくと歩いてようやくケンジントン宮殿に到着。

e0015758_20182254.jpg


ここはダイアナ妃が最後に住んでいた宮殿として有名な場所です。
今回私も初めて来ました。
私の目的はフォトグラファーのマリオ・テスティーノが撮影し、雑誌ヴァニティフェアーに載って有名になったダイアナ妃の写真の展示を見ること。
ケンジントン宮殿の中ももちろん見学しましたが、私が見たいのは写真(^^;)
写真、写真と思って部屋を見ていくと、ありましたー!思ったほどの枚数はありませんでしたが、生前の美しいダイアナ妃のお姿がそこにありました。

入り口で日本語解説の機械を貸してもらえるので、それを聞きながら中を見学するのですが、写真展の場所での解説に「ダイアナ妃は一人の女性として生きたかったのです」という一文があって、ちょっとじーん、としてしまいました。
誰もが憧れるプリンセスとしての生活とは裏腹に最後まで自分自身の幸せを求め続けたダイアナ妃。外側からだけでは分からない色々な苦労があったんでしょうね。

今年で亡くなって10年。
年月が経つにつれていろんなことが忘れ去られるのが人間の世の中なのに、この人だけはちっとも色あせずに、何年経とうとも人の心に残り続けています。
美人薄命と言いますが、ダイアナ妃も、夏目雅子さんや、マリリン・モンローのように、美しいまま亡くなって伝説になったのでしょうね。

さて、念願の写真展を見た後は、宮殿内をじっくり見学・・・と行きたいところだったのですが、ここに来た目的はもう一つ。隣接するオランジェリーでお茶をすることでした。
ところが、入り口に貼ってあった紙を見てびっくり。
「本日貸切のため、4時でクローズします」
と、書いてあるじゃないですかー!
到着したのは3時・・・あと1時間しかありません。
そんな中、急いで写真展を見て、宮殿内はほぼ駆け足状態での見学(汗)
急いでオランジェリーに行ったら・・・・なんと長蛇の列(大汗)
みなさん、お茶をするために並んでいたのです。とてもじゃないですが、4時までには間に合いそうにありませんでした。しかもすでに並んでいた人は名前を書くか何かして予約していた様子。一番後ろに並んでいた人のところには看板が立てられていて、すでに「本日クローズ」と貼られていました。
仕方ないので、中の様子だけちょっと覗いて(かなり怪しい人になっていましたが・・・汗)雰囲気を確認後退散。

ものすごーく残念な終わりでした(T_T)

e0015758_2036885.jpg

お土産に買ったマリオ・テスティーノ撮影のダイアナ妃のポストカード

リラックスしている表情がとてもチャーミングで素敵だな~と思いました。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2007-06-07 20:18 | ロンドン近郊のお出かけ


<< Marlow&Cliveden      Welsh rhubarb cake >>