2007年 07月 29日

Hughenden Manor

1週間の滞在期間中の両親をどこに連れて行こうか、と夫と相談したところ「ナショナルトラストに行こう」という話になりました。
せっかくメンバーシップになったのに、今のところ行ったのは2箇所だけ。
それならば、と地図を見て家から程近いHughenden Manorに行くことにしました。

e0015758_67726.jpg

ヴィクトリア時代の首相、ベンジャミン・ディズラエリのカントリーハウスでした



チケットショップで我々はトラストメンバーのカードを提示、両親の分のチケットを購入したところ、Houseの一般公開は午後1時からだけれど、12時からのツアーにまだ空きがあるので参加できる、とのこと。
ベビー連れでも大丈夫か、と尋ねるとバギーはダメだけれど、ベビーキャリーで中に入れる、と言われたので参加することにしました。
ツアーに参加するための追加の費用は必要ありませんでした。

e0015758_2213549.jpg

まだツアーまで1時間ほど時間があったので・・・

カフェで休憩。
先にお昼食べようか、という話になったのですが、ご飯は12時からとのこと。
ではケーキを食べよう!という話になり選んだのは・・・

e0015758_22142410.jpg

両親はベリーのクランブルケーキ

e0015758_22145330.jpg

夫はチーズスコーン

ちゃんと温めなおして出してくれました。
で、私が選んだのは・・・

e0015758_22153366.jpg

サマープディング

実はサマープディングを食べるのはこれが初めて。
どんな物かは知っていたのですが、何故か今まで食べられる機会にめぐり合いませんでした。
嬉しいなー、どんな美味しいお菓子なんだろう?

e0015758_22164897.jpg

クリームをたっぷりかけていただきます

周りは食パン、中身はたっぷりのベリーです。
単純なお菓子なので作り方さえ知っていれば家庭でも簡単に出来るデザートです。
これはいつかチャレンジして作ってみたいものの一つ。

ゆっくりケーキでお茶をしていたら時間が来たので場所を移動。
ハウスの前にはすでに参加者たちが集まっていました。
総勢15名ほど。ナショナルトラストのスタッフのおばさんがハウスの中の公開されているお部屋、一つ一つ巡っていろんな説明をしてくれます。

e0015758_2219303.jpg

大きなカントリーハウスの中はイギリスの典型的なインテリアでした

19世紀の首相、Benjamin Disraeliのひいおじいさんはイタリアから移民してきたユダヤ人だったそうです。大理石を扱うビジネスで成功した彼はロンドンのシティに進出して成功したのだとか。そのお金でこのハウスを買ったのかと思いきや、ベンジャミン自身は常にお金に困って借金まみれだったのだそう。このカントリーハウスも友人からの借金で購入したのだそうです。
そしてお金目当てに結婚した妻、メアリー・アンは12歳も年上。若々しくて、若い人が好むドレスを着用していたために結婚するまで本当の年を知らなかったのだとか。
それでもお金目当てだった結婚も、お互い愛情を深め合ってとてもいいカップルになったのだそうです。

e0015758_22245594.jpg

面白い話がいろいろ聞けました

しかもこの奥さん、生まれは良家の出だったものの、戦争のために幼い頃父親を亡くし、とても苦労して育ったため、お金にはかなりのしっかり者だったそう。
今でも結婚後つけていた家計簿が残っているそうです。

ガイドさんのお話はお部屋をただぐるっと見るだけでは分からない、住んでいた人となりなども聞けて本当に面白かったです。

図書室では、4000冊の本がお出迎え。でもその本はすべて事実が書かれているノンフィクションだけ。なぜなら「フィクションなら自分が書ける」とベンジャミン自身が言って読まなかったからなのだそう。確かに自分の伝記がすでにとても面白い物語ですものね。
私も十分楽しませてもらいました。

びっくりしたのは2Fにあった寝室を見せてもらった時のこと。
なんと天井に大きな茶色の染みが!
最近の大雨で屋根の一部が壊れて雨漏りしてしまったのだとか。
貴重な絵画を壁から外して避難させたのですが、床に敷いてある絨毯はびしょぬれになってしまったそうです。
雨の影響がこんなところにまで及んでいました。

1時間ほどかけてゆっくりとガイドさんの説明を聞きながらお部屋巡りをした後はお庭に出てみました。広大な土地には森と見紛うかのように木々がたくさん。ベンジャミンは木が大好きで、いつも散歩する時には小ナタを腰に差し、木にからまる蔦を切って歩いていたんだとか。

e0015758_2238682.jpg

この頃にはいいお天気に・・・

朝方、来たばかりの頃は雲も厚くてポツポツと雨が降っていたのですが、ツアーを終えて外に出てみるととてもいいお天気になっていました。
お庭を散策した後は、おなかペコペコだったので、先ほどのカフェにUターン。

e0015758_22393889.jpg

夫が頼んだポークパイ、タマゴ入りです

e0015758_22401196.jpg

私と両親が頼んだビーンズのホットポット(シチューのようなもの)

すごい大きなボウルに出てきたのでびっくり。両親は1つをシェアすれば良かった、と言って残していましたが、私は完食。
父に「イギリスの胃になってる」と言われました(汗)

e0015758_2242629.jpg

敷地内に洋ナシがなってました

ナショナルトラスト、やっぱりいいですね。
1日中楽しめるのでこれからもっと色々巡りたいです。

Hughenden Manor
High Wycomebe,
Buckinghamshire HP14 4LA
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2007-07-29 20:01 | National Trust


<< Waddesdon Manor      Hampton Court P... >>