Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 24日

中欧・東欧旅日記 5日目 プラハ

e0015758_5451539.jpg

犬のお散歩中のおじいさん

この旅最大の危機(?)を乗り越えて到着したプラハ。
予想に反して列車での移動で時間を取り過ぎてしまい、本来だったら到着日の夕方はプラハ散策をする予定だったのがおじゃんに。
でも着いた日は土砂降りの大雨だったので、どちらにしても散策は無理だったのですが。
この日は朝から曇り空。雨が降ったり止んだりの不安定なお天気でした。



前日の夜はケーキと部屋に置いてあったウェルカムフルーツだけ、という貧しい晩御飯だった私は朝からものすごくおなかがすいていました。
「今日は食べるぞー」
と威勢良くレストランに向かったら、レストランの入り口でスタッフに部屋番号を聞かれ、
「申し訳ありませんが、朝食は予約されておりません。もし食べたかったら一人20ユーロになります」と言われました。えええっ~!?こっちは食べる気満々なのに・・・(汗)

夫が「予約したはずなのにな~」と言うのですが、フロントで確認してもらったらやはり予約はされていないとのこと。
一人20ユーロも朝食に払えないので、外のカフェで食べることにしました。

e0015758_5512852.jpg

ホテルの近くにあったアンティークショップの看板

e0015758_552369.jpg

こんな小道も・・・こういう場所に弱いです

e0015758_55248100.jpg

キッチンショップの看板かと思ったらレストランの看板でした

ホテルの近くにあったカフェに入りました。
何にしようかな~とメニューとにらめっこしていたのですが、夫が「寒いから温かいものを食べることにしよう。グーラッシュだな」と言うので、私もグーラッシュにすることにしました。
ブラティスラバで食べたグーラッシュがスープスタイルの物だったので、てっきりそういうものが出てくるんだろう、と想像していたら。

e0015758_5581063.jpg

あ、なんかもっとすごいボリュームのものが出てきました(^^;)

クネドリーキというじゃがいもの粉で出来た蒸しパンのようなものとポテトパンケーキがついてきました。朝からすごいボリュームです。
私はこれに紅茶を頼んだのですが、夫は「ジュースよりビールが安い」と言ってビールを朝から頼んでました。
そしたら・・・

e0015758_601237.jpg

こんな大ジョッキがー!

丁度カフェの隣の建物が有名なレストランらしくて、観光ツアーの団体さんが次から次へとガイドさんとやってきます。
団体さんたちみんな夫のビールとグーラッシュをジロジロ見てました。
そりゃそうですよねー。こんなに朝っぱらから食べて飲んでる人いませんよ(汗)

e0015758_624099.jpg

これがその有名らしい(?)レストラン

ご飯も食べ終わったので、さあ行こうか、と出る準備をしたらお店のおじさんがケーキを持ってきました。

e0015758_634116.jpg

シナモンシュガーたっぷりのクリームの下はロールケーキでした

「頼んでないんだけど・・・」と思ったら、おじさんからのサービスだそうで。
朝からケーキまでフルコースで食べてしまいました(^^;)

おなかが一杯になったら早速観光です。
今日は楽しみにしていたプラハ城見学。

e0015758_651376.jpg

プラハの街並み

プラハ城の回りは観光客でごった返していました。
チケット売り場ではBコースのチケットを購入。
Aコースはロングコース、Bコースはショートコースなんだそうです。
私が行きたい場所はBコースにも含まれていたので、短い時間で回れるこちらをチョイス。

e0015758_674675.jpg

聖ヴィート教会

この教会の中には私の好きな画家、アルフォンス・ミュシャが作成したステンドグラスがあるのだそうです。
てっきりこの教会もBコースのチケットで入れると思ったら、含まれていませんでした。
がーん・・・ショック。
しかも教会に入るのにものすごい長蛇の列!最低でも30分は待ちそう・・・と言うことで諦めました。

とにかくこの日・・・いやこの時期はこんな感じなんでしょうか?ものすごい人出でごった返すプラハ城内。どこに行っても人人人・・・狭い通りだとバギーで通り抜けるのが難しいほどです。

e0015758_6103364.jpg

衛兵さん、交代に向かっています

e0015758_611423.jpg

黄金小路

一番楽しみにしていたのはここ、黄金小路。
昔、錬金術師が集まって住んだことから付いた名前なんだそうです。
小さな可愛らしいお店やカフェが集まっているとガイドブックで読んで楽しみにして来てみたら。
とにかく人人人。
ただでさえ狭い道に人が溢れかえって、まるで年末のアメ横状態。
お店の中も人だらけでゆっくり見るどころじゃありません。
仕方ないので通り過ぎながらウィンドウショッピング(T_T)

e0015758_614171.jpg

フランツ・カフカの家

カフカの家の前でだけはしっかり記念撮影しました。

e0015758_6174019.jpg

ヴルタヴァ川の眺め

e0015758_6181658.jpg

旧王宮内

e0015758_6184824.jpg

マリア・テレジアの肖像画

とにかくどこに行ってもすごい人だし、ゆっくり見られないのでさささーっとチケットで回れる場所を見て早くお城を出ることにしました。
大人だけならどうってことないんでしょうが、とにかくバギーを押しているので人混みの中ではとても歩きにくいのです。
本当はもっとゆっくりプラハ城見学をしたかったので、とても残念でした。
ここへは観光ツアー客がやってくる前、お城が開城と同時に来るのがいいかもしれません。
ゆっくり朝ごはんを食べている場合じゃありませんでした(--;)

e0015758_6203090.jpg

カレル橋の上にて

カレル橋も観光客には人気のスポット。
プラハ城見学の後すぐに行ったのですが、こちらもまた年末のアメ横状態・・・

e0015758_623612.jpg

絶対フレーム内に人が入ります・・・(^^;)

プラハ・・・もっとしんみりと寂しいようなイメージがあったので、こんなに人だらけとは思いもしませんでした。

e0015758_6241511.jpg

旧市街

旧市街を歩いていて可愛らしいお店を見つけました。

e0015758_624564.jpg

Manufaktura

こういうお店、大好きです♪
早速入ってちょっとだけお買い物。翌日また来て買おう!と思ってたら時間が早すぎて閉まってました。今すぐ欲しいけど、ホテルに戻って自分の荷物を整理してから持ち帰れるかどうか考えて買おう、と思っていたので物凄いショック・・・荷物整理したら全然余裕だったんですよ。
やっぱり欲しい物はその場で買わないとダメですね。
このお店でお買い物するためだけにプラハ、また行きたいくらいです(T_T)

e0015758_6293579.jpg

聖ミクラーシュ教会

e0015758_6301670.jpg

とても綺麗な内部です

e0015758_6304179.jpg

こちらもたくさんの観光客が来ていました

e0015758_6311290.jpg

ティーン教会

こちらは内部の撮影は禁止。
入り口にこわーいおじさんがいて、団体さんがワイワイガヤガヤとやってくると、手で椅子の端をダンダンッと叩いて「しーーーっ」としていました。

このティーン教会の入り口、なんとも分かりにくい場所にあって、レストランとレストランの間なんですよ。分からなくて建物の周りをぐるーっと1周してしまいました。

e0015758_633141.jpg

天文時計

この時計毎時からくりが現われる仕掛けになっているそうで、私も楽しみにしていたのですが、つい時間を外してしまい、からくりが出てくる音がしたので急いで広場の端っこから走っていったのですが、間に合いませんでした(涙)
どんなからくりだったのかなー・・・見たかった!

e0015758_6343625.jpg

マンホールのフタも可愛いです

ところで泊まったホテルなのですが、翌日に行われたアイルランドxチェコのチェコ代表選手が宿泊していたんですよ。
残念ながらチェコの選手、知らない人ばっかり。
唯一知っているのが私がサポートしているアーセナルの選手、ロジェスキーだけ。
朝ごはん食べてないかな~、とかさりげなく偵察してみたのですがなかなか会わないものですね。と、思ったら夫が前日の夜ラウンジで飲んでたよ、と言うじゃないですかー!
サイン・・・欲しかったなあ。

e0015758_6374751.jpg

ホテルから練習に向かうチェコ選手たち

e0015758_6381535.jpg

選手・・・?

選手だと思って隠し撮りしたこの人・・・翌日の試合に出てなかったんですよ。
ただのスタッフ???

この日は早めにホテルに戻って「アーユルヴェーダマッサージ」を体験しました。
アーユルヴェーダといえばインドが本場ですよね。
なんでチェコのホテルで???といまだに疑問なのですが(笑)
予約をしたホテルのサロンに行ってみたらおじいさんとおじさんがいました。
おじいさんの話によれば彼らはスリランカからやって来たんだそう。
スリランカにはアーユルヴェーダを取り入れたスパリゾートや病院があるんだそうです。
おじいさんはその病院のコンサルタントをしているれっきとしたドクターなんだそうで・・・
3ヶ月に1度のシフトでこのプラハのホテルに来ていると言っていました。

マッサージの前にはこのドクターによる問診があります。
そしてもう一人のおじさんがマッサージをしてくれたのですが、いやー気持ちよかったですよ~
アーユルヴェーダってよく写真で見るのですが、頭の上から油をたら~っとしているじゃないですか、てっきりあれをやるのかと思ったら、私が頼んだのはボディマッサージなのでそれはないんだそうで・・・それでも全身をくまなくたっぷりのオイルでマッサージしてもらって、半分寝てました。
寝るとおじさん決まって「気持ちいいですか~?」と聞くので熟睡できなかったです(笑)

オイルを使ってするマッサージ・・・アロマセラピーと似ていますよね。
このマッサージで使ったオイルも何らかの精油らしく、おじさんが調合した後、おじいさんドクターがにおいと味を確かめて「OK」と言ってました。
アロマセラピーの場合、施術前にその日の体調や気分、自分の好きな香りなどを聞かれるのですが、こちらではまったく聞かれませんでした。
ただドクターから問診で「心臓疾患はないか、高血圧ではないか、糖尿病ではないか」などの病歴を聞かれただけ。
マッサージ後もアロマセラピーの場合、なるべくオイルを体に残して浸透させて、後は水分をたくさんとってゆっくり過ごす、とアドヴァイスを受けるのですが、こちらのマッサージ後、おじさんから「エナジードリンク」と言われて渡された赤いワインのような飲み物、味は昔おじいちゃんが飲んでいた養命酒みたいな味でしたが・・・を飲まされて、「体がオイルでベタベタなのですぐにシャワー浴びていいですよ」と言われ、特に体を休めるようにとは言われませんでした。
どちらかというと、リラックスというよりも体の中からエネルギーが湧いてくるスイッチを入れるマッサージ、と言う感じでした。
旅の後半、このマッサージをしてもらったお陰で疲れも随分違ったように思います。

最後に、いつかスリランカにも来てください、とおじいさんドクターは言ってたのですが、スリランカって遠いんですね。
おじいさんドクターの話ではチェコ→スリランカまで20時間もかかるんだそうですよ!
チェコ→チューリッヒ→ドバイ→スリランカ、と乗り継いで行くんだそうです。
ドイツまで行くとそこからスリランカまで直行便があるらしいんですが、高いんだそうです(^^;)
スパリゾート・・・日本にいる頃、ヴェトナムやタイのスパリゾートに憧れたものですが、スリランカでも体験出来るんですね。
いつか行ってみたい国がまた増えてしまいました。

マッサージの後、ホテル近くのレストランで夕食を取ったのですが、ここは地元の人に人気のレストランだったようで、我々が行った後、すぐに満席になってしまいました。
食べるのに夢中だったのと、室内が暗すぎてちゃんと写真が撮れなかったので、残念ながら写真はありませんが、どれもすごく美味しかったです。

旅、6日目に続きます(^^)
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2007-09-24 17:06 | プラハ


<< 中欧・東欧旅日記 6日目 プラハ      中欧・東欧旅日記 4日目 ブラ... >>