2007年 09月 30日

中欧・東欧旅日記 7日目 プラハ→ロンドン

e0015758_19211933.jpg

旅も、もうおしまい

移動、移動を重ねた旅もいよいよ最終日。
出かける前は1週間は長いな、と思ったのですが、一箇所滞在型ではなかったので、あっという間に時間が過ぎちゃったように感じました。
やっぱり移動ばかりの旅は1箇所の滞在時間が短いので、じっくり見ることが出来ないですね。
特にウィーン、プラハは行きたいところ、見たいところ全部回れなかったので本当に不完全燃焼という感じでした。
絶対この2カ国はまた機会を作っていつか出かけてみたいです。



チェックアウトを済ませて、タクシーで空港まで行くのかと思いきや夫が「ジェリー(義兄)がトラムとバスで行くって言ってるから」と言うじゃないですか。
こっちは大量の荷物+子供で乗り継ぎは面倒だし、大変なのでタクシーがいいのに・・・

義姉夫婦には逆らえないので(^^;)仕方なくトラムに乗って、空港行きのバスが連絡しているという駅まで行きました。

トラムを降りるとなんだか閑散とした佇まい。

近くを歩いていた人に義兄が「エアポートバス?」と聞くのですが、地元のお兄さん「ノー、ノー」と言います。
てっきり英語が話せないのかと思ったら、そうじゃなくて空港行きのバスはない、の意味だったようで・・・

近所のガソリンスタンドで給油中の救急車のおじさんに義兄が路線図を見せて聞いたら、ここではやはり空港行きのバスが拾えないことが判明(汗)

そこで初めて義兄が見ていた路線図を見せてもらったら・・・

「この空港行きのバスの点線、トラムの路線を通り抜けてるやんー!」

つまり、空港行きのバスは義兄が連絡していると思ったトラムの駅には止まらず、ただ路線図内のレイアウトの関係で線が交差しているだけだったのです(大汗)

仕方なく通りすがりのタクシーを拾おうとタクシーが止まってくれそうな場所まで大荷物を抱えて移動・・・・

ぼちぼち歩いていると小さなホテルが見えました。

「あそこでタクシー呼んでもらえば?」

義姉がフロントに行ってタクシーを呼んでくれました。
5分ほどしてタクシー到着。
こんなことなら泊まってたホテルでタクシー呼んでもらったら良かったのに、とっくに空港着いてたよ、と思ったのですが、そんなこと言えません。夫には言えるけど(^^;)

15分ほどで空港到着。
いよいよプラハともお別れ。

e0015758_19332159.jpg

空港内

e0015758_19335960.jpg

妙にリアルな果物がぶら下がってました

チェックインまで時間があるのでカウンターの近くにあるカフェで最後のプラハご飯。
私はそんなにおなかがすいていなかったので、けしの実の菓子パンを食べました。
プラハ、ケーキやパンが美味しかったな~
夫は最後までグーラッシュ(^^;)
朝からそんなの食べる人、夫だけだと思ったら、グーラッシュを食べるビジネスマンがいたのでびっくりしました。

この後、チェックインを済ませて、パスポートコントロールがあり、免税品店が並ぶゲート付近に移動したのですが、荷物のチェックないなーと思ったら、飛行機に乗る直前にX線検査などがありました。
夫はパスポートコントロールが終わったのでボトルのお水を買ってちょっと飲んでいたのですが、免税品店で購入したお水でも検査前に開けてしまったものは全部飲むか、検査場入り口にあるゴミ箱に廃棄しなくてはいけないそうです。
ガス入りのボトルなんて買っちゃった夫、直前にがんばって飲んでいたのですが「もうダメだー無駄なことした」と捨ててました。
プラハの空港を利用される方、ご注意ください(^^;)
ちなみに検査後のゲート待合室内に自動販売機があり、お水購入できます。
しかも免税品店で夫が買ったよりも安かった・・・(汗)

e0015758_19452456.jpg

最後もグレイの空がお見送り

プラハの旧市街で見つけた可愛い雑貨のお店、Manufaktura、この空港内の免税コーナーにもお店が入っていました。
ただ、注意しないといけないのが、ほとんどの免税品店、店番が一人きりなので、トイレに行く時、お昼ご飯の時間にお店が閉まります(汗)
最後にチェココルナを使い切ろう、と思っていた私、このお店で最後色々買っていこう、と思っていたら夫が「最後にチェコビールを飲むんだ」と私からお小遣いを取り上げました(怒)
残ったお金は返してくれると言うのでそれを待ってからお店に行ったら、お店の前にチェーンがかかってます!
「もうゲートに行かないと!」(←夫のせいで店が閉まったじゃないかー!)
と、せかすので、店の奥に向かって「ハローーーー!」と声をかけると、奥からぶすっとした無愛想なお姉さんが出てきました。
「店クローズ中」と愛想なく言うのをお構いなしに「もう飛行機に乗らないといけないけどあれが欲しい!」と指差して無理やりお金を手渡して購入・・・・(汗)
お姉さん、チェーンだけではダメか、と思ったらしく、私が店を出た後シャッター閉めてました(大汗)
お買い物を最後にされる方、お店が不定期に突然閉まるので、開いている時にお買い物は済ませた方がいいですよー。

e0015758_19512292.jpg

3匹の黒猫・・・?

帰りはチェコ航空。
キーラン用におもちゃまでくれて、なかなかサービス良かったですよ。
彼はご飯の後ちょっとだけ寝ぐずりして、後は着陸までぐっすり眠ってくれました。
赤ん坊なりに旅の疲れが出ていたのかな?

ちなみにウィーン~チェコはイギリスとは1時間の時差があるのですが、キーランは帰って来てから4、5日時差ぼけしていたようで、朝必ず1時間早く起きていました。


***楽しかった旅の記憶・お土産ブラティスラバ・プラハ***

e0015758_19544126.jpg

陶器の入れ物、藁で出来たお人形(ブラティスラバ)

スロヴァキアは以前チェコスロヴァキアと同じ国だったので、似たようなお土産があるだろう、最後の旅先プラハで買おう、なんて思っていたら、意外にも見つからない物がたくさんありました。ブラティスラバで買っておけば良かった・・・・(涙)
ブラティスラバのお土産は素朴な印象の陶器、藁のお人形、レース細工など。
お人形などの表情もすごく可愛くてどれも欲しくなりました。

e0015758_2093391.jpg

おもちゃ屋さんで買った木のおもちゃ(プラハ)

e0015758_20102245.jpg

ビアホール、ウ・カリハで買ったシュヴェイクグッズ(プラハ)

e0015758_2011039.jpg

ミュシャミュージアムで買ったミュシャグッズ(プラハ)

e0015758_20113144.jpg

マトリョーシカの楊枝入れ(プラハ)

e0015758_2012962.jpg

マトリョーシカの塩コショウ入れ(プラハ)

ロシアでもないのに、何故かプラハのおみやげ物屋さんではたくさんのマトリョーシカが売られていました。旧共産圏だから?!
最後の塩コショウ入れはホテルの近所のものすごく寂れたおみやげ物屋さんのウィンドウで見つけて買ったもの。
おみやげ物屋のおばさんに「250コルナ」(日本円で約1500円)と言われたのですが、ウィンドウに飾られていたほこりまみれ、しかも日に当たって剥げてきているこの商品に、その値段はないだろう!と思い「新しいのないんですか?」と聞いたら、慌てて「じゃあ、ディスカウントしてあげる、200コルナでどう?」と言ってきました。
もっとまけてもらっても良かったのですが、他のおみやげ物屋さんで見かけない物だったのでまあいいか、と思って200チェココルナで購入。
それでも結構チェコの物価から考えたら高いな~と思うのですが(^^;)

プラハもブラティスラバも雑貨好きな人にはたまらない街だと思います。
今回何度も書いているのですが、本当にのんびりゆっくり街歩き、雑貨探しが出来なかったので、絶対また機会を作って出かけたいです。
ブログには紹介出来なかった可愛いもの、まだまだたくさんプラハやブラティスラバで見かけたんですよ~
次回の旅では完全燃焼すべく、下調べスケジュール管理はきっちりと!ですね(^^)
長々と旅日記にお付き合い下さってどうもありがとうございました♪
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2007-09-30 01:59 | プラハ


<< French Market i...      中欧・東欧旅日記 6日目 プラハ >>