Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 02日

Monarchy

e0015758_21473397.jpg

QEⅡ

先日からBBC1で放送が始まったシリーズ「Monarchy-The Royal family at work」がとても面白いです。
日本にも皇室があるので、日本人の私にとって王族が存在する国、英国というのはかえってなんだか身近なものに感じます。




この番組の副題に付けられている様に、今回のプログラムは王族の仕事についてスポットライトがあてられています。

そういわれてみると、一般人の私には王族って一体普段どんな生活を送っているのだろう?と疑問だらけ。
TVや新聞などのメディアで取り上げられる彼らの生活のごく一部だけを見ていると、本当の姿は見えてきません。
そんな王族が普段どんな仕事をしているのか一般の我々も知るチャンスを与えてくれたのがこの番組なのです。

第一回目の放送(11月26日放送)では女王のアメリカ訪問の密着取材。
今年5月にエリザベス女王がイギリス人がアメリカに最初に足を踏み入れてから400年経ったのを記念して訪問しました。
受け入れ側のアメリカ、そして訪問する側のバッキンガムパレス、両方の視点から女王の訪米を捉えています。

とても印象深かったのがヴァージニア州の若者へのインタビュー。
ある黒人の学生が「女王って言ったって、今じゃただのお飾りで政治的には何の発言権もないだろ」と言っていました。

確かにそうかもしれません。少し前までは私もそう思っていたでしょう。
でもこの番組や他のメディアで少し王族の内情を知った今ではそんなことをとても言えません。

少し前にブレア首相が退陣するにあたって、シェリー夫人の目から見た10年間の回想と退陣した日のドキュメントを放送していました。
その中でエリザベス女王ほど国の内外に渡って事情に詳しくまた経験豊かな人物はいない、という場面がありました。
それはエリザベス女王が1952年に即位した当時の首相であるウィンストン・チャーチルから現在の首相ゴードン・ブラウンに至るまで、毎週一回首相との国内外の動きについてのミーティングが行われているという話。女王はこのミーティングの中で話を聞くだけでなく、的確なアドバイスを首相に与えていると聞きました。
50年以上も国の第一線にいて、これ以上詳しくまた経験豊かな人物は確かに他にいないでしょう。国を動かしてきた首相経験者の多くは現在では没しているか、または政治家を引退しています。

この番組を見るまで、私の女王のイメージって宮殿の素敵なお部屋でのんびりとアフタヌーンティを嗜みながら愛犬と戯れているイメージだったのですが、すっかり今では変わりました。
とにかく女王様って忙しいのです!

訪米直前も英国内の著名有名なアメリカ人をパレスに招待しての晩餐会、そして訪米しても分刻みのスケジュール。
同行した外相が語っていた言葉が印象的でした。

「女王は本当のプロフェッショナル、だって考えて御覧なさい、24時間誰かの目が常にあるのよ!普通の人間では勤まらないわ」

確かにその通りですよね・・・
子供の頃お姫様に憧れたものですが、私なんかには到底勤まりませんね(笑)

e0015758_2231367.jpg

写真家、セシル・ビートンが撮影した女王。1968年ナショナルポートレイトギャラリーで展示

右ページの黒いマントを纏った女王は43歳の誕生日の撮影だったそうです。
とても40代とは思えない若々しさです。

e0015758_2238894.jpg

お洒落な帽子コレクション

この雑誌はアンティークフェアで£1だったので購入したのですが(^^;)なかなか面白い本です。女王のシルバージュビリー(在位25年)を記念して出版された本で写真がたくさんで見ごたえがあります。

こういった洋服や帽子を特集したページがあって、日本の女性週刊誌でもよく皇室ファッションのページが特集されていたのを思い出しました。
どこの国でも王族や皇室の方たちのファッションって興味の対象なんですね。

e0015758_22415236.jpg

女王の結婚式

今年エリザベス女王とフィリップ殿下は歴代の王族で初のダイヤモンド婚式を迎えられました。
女王の子供達のうち3人(チャールズ、アンドリュー、アン)が結婚に破綻を迎えたことを考えるとこの二人が60年も連れ添っているのは本当に素晴らしい事だなあ、と思います。
結婚が遅かった私と夫ではとてもダイヤモンド婚式まで生きているとは思えないし(^^;)
一般のカップルにとってもダイヤモンド婚式って特別ですよね。

e0015758_2244583.jpg

記念切手も発売されています

女王の母、クイーンマザーは101歳まで存命だったし、その事を考えればまだまだ女王も長生きすることでしょう。TVで見る女王は女王、と聞かなければ可愛らしいおばあちゃん(失礼^^;)です。でもその内面には国に対する熱い情熱を秘めた1国の領主であり、また素晴らしい外交官の一人でもあるのです。
王室の存続については英国内でも賛否両論あると聞いています。
でもすっかり女王のミーハーな1ファンとなった私は国内外を精力的に訪問して元気に活動している姿をまだまだ見せて欲しいな~と思うのでした。

Monarchy-The Royal family at work-
BBC1 毎週月曜日、夜9時放送 全5回シリーズ
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2007-12-02 02:37 | その他


<< お庭に・・・      お洒落に関する2、3の事項 >>