2007年 12月 19日

ベルギー旅行記1.アントワープ

e0015758_019413.jpg

クリスマスマーケットを訪ねて

毎年この時期になると「クリスマスマーケットに行ってみたい!」とうるさく言う私を黙らせるためか?!今年は早くから「クリスマスマーケットに行こう」と言っていた夫。
ユーロスターの駅もセントパンクラスに移動して、我が家からは利用しやすくなったこともあり、ベルギーに出かけることにしました。

出発当日は、地図の読めない男、もとい地図を読まない夫の友人、ブライアンが自宅から駅まで送ってくれました。ラッキーなことに彼、キングスクロスの駅のすぐそばで働いているんですよ~
ユーロスターは朝7時出発だったので、5時すぎに迎えに来てもらったのですが、駅には5時半には着いちゃいました。



「フランダースの犬」ですよね~(><)/
小さい頃これでもか!と悲劇に見舞われるかわいそうな少年ネロに涙した人、少なくないと思います。私もその一人。今でもあのネロの純粋無垢な瞳を思い出すとホロッときてしまいます。

今回はそんなネロを訪ねてアントワープへ・・・と思ったのですが。

ユーロスターのチケットは出発から24時間以内であれば、ベルギー国鉄内の移動にそのまま使えると聞いたので(行きのみ。ブリュッセルに戻るにはチケットが必要です)、ブリュッセルに到着してホテルに荷物を置いたらその足でアントワープへ向かうことにしました。
なので、あんまりのんびりと時間はありません。
本当はネロとおじいさん、パトラッシュが住んでいたとされる舞台、ホーボーケン村まで足を伸ばしたかったのですが、冬は日も短いし、今回は諦めてアントワープ市内で見ることが出来るネロの足跡をたどる事にしました。

e0015758_0315329.jpg

ネロの足跡をたどるはずが・・・

早速食い気に負けた私。
この日ちゃんと朝ごはんを食べていなかったので、つい良いにおいに誘われてふらふら~っとワッフル買いに寄り道(^^;)

食べたら早く移動、移動。
この時期のヨーロッパはすぐ暗くなっちゃいますからね!

e0015758_0334249.jpg

ノートルダム大聖堂

街の真ん中にそびえるノートルダム大聖堂。
ここにはネロが見たかったルーベンスの絵があります。

e0015758_035913.jpg

大聖堂の中

e0015758_0355758.jpg

あ、ありましたよ~

e0015758_0362482.jpg

これがその絵なんですね

物語の中ではお金を払った人だけが見ることが出来たこの絵。
ネロは貧乏なのでお金を払うことが出来ず、いつもカーテンがかかった向こう側にあるこの絵を見たい、と思っていたんですよね・・・。
入り口で2ユーロ払わないと中に入れないので、今でも似たようなものなんでしょうか?!

e0015758_0384947.jpg

教会前の広場にはCribも

e0015758_041041.jpg

クリスマスマーケットも盛況です

すごく見たかったクリスマスマーケット。
一体どんな物が売っているんだろう?!とわくわくしてストールを眺めてみたのですがセーターや靴下、食べ物屋さん、ホットワイン屋さん、などなど、私が想像していたのとちょっと違う店構え。
私、もっと可愛いクリスマスグッズがたくさん売っているんだと思っていたんですけど・・・
なんだかちょっと拍子抜けしてしまいました。
そういうのは本場のドイツに行かないと見られないのかしら!?

e0015758_0433113.jpg

賑やかな通りは・・・

e0015758_0441322.jpg

牛乳市場

かつてネロがパトラッシュとともに牛乳を売りに来ていた、とされる牛乳市場跡です。
今では市場はなくなって、通りにその名前が残るのみです。

取り合えず、アントワープ市内で見られるネロの足跡はこれくらい。
ラストスパートでお買い物へGO!(笑)

e0015758_0471278.jpg

Dille&Kamille

ベルギーでは人気のある雑貨店のようです。ベルギー国内に何店舗も支店があります。
とても上品で使いやすそうなシンプルな生活雑貨が揃っています。

Dille&Kamille
Vieminckstraat 9 Antwerpen

e0015758_0494892.jpg

Pelgrom

夫が「喉が渇いた~せっかくベルギーに来たのに、まだビールを一滴も飲んでいない!」と文句を言うので、フルン広場近くにあるこのお店に入りました。
ガイドブックによれば420種ものビールがあるそうです。

e0015758_0514069.jpg

暗いんですよ・・・

大昔のセラーをお店に改装してあり、灯りはキャンドルだけ。とにかく薄暗いんです。
でもそれが逆に妙に落ち着いたりして・・・

e0015758_053083.jpg

ネロビール

ガイドブックに書いてあった「Nello's Blond」を夫に頼んで飲んでもらいました。
お~、ネロとパトラッシュが仲良く並んでビール瓶に!

Pelgrom
Pelgromstraar 15 Antwerpen
AM11~ 休なし

e0015758_0543510.jpg

可愛いお店発見♪

ビールを堪能してもらった後は私のお買い物再開です。
可愛い~と駆け寄ったお店の道を挟んだお隣に目的のお店がありました。

e0015758_056864.jpg

Libeco

ベルギーリネンの有名なお店リベコです。
東京にもお店がオープンしたくらいなので、ベルギー国内くまなくお店があるのか、と思いきや、調べてみたら路面店で私が今回いけそうだったのはここ、アントワープ店のみ。
ブリュッセルやブルージュにはお店がないんですよ。びっくりしました。

中はリネンが好きな人ならたまらない空間です・・・
私もあれやこれや欲しいな、と見たのですが、そのたびに夫が「そういうの一杯持ってるじゃないか~」とか「それ買ってどうするの?」と突っ込みを入れるので結局夫も同意した1枚だけを買うことに・・・。

お店の人から「これは最低3回使用前に洗ってね、今は糊で固いけれど、洗うと落ちてやわらかくなって使いやすくなるから」と教えてもらいました。

Libeco
Steenhoucversvest 51 Antwerpen

e0015758_17825.jpg

チョコ~♪

ベルギーと言えばチョコレート。
今回アントワープでお買い物したのは、写真がないのですが「Del Rey」(Appelmansstr 5-9)とここ。

e0015758_193815.jpg

Burie

アントワープはダイヤモンドでも有名な街なので、チョコレート屋さんでもダイヤモンド型のチョコが売っていました。デルレイやブリーでも手に入ります。
ブリーではお店の人お勧めのプラリネなどを袋に入れてもらって買いました。
お店では箱単位だけでなく、お試し程度に袋で気軽に買うことも可能です。

e0015758_1115842.jpg

ブリーのショウウィンドウ

どこのチョコレート屋さんでもクリスマス仕様に可愛らしくデコレーションしてあって、それを眺めて歩くだけでも幸せな気分になっちゃいました^^

e0015758_1134920.jpg

日も暮れてきました

この時点でまだ4時過ぎくらいだったと思います。
とにかく冬のヨーロッパは日暮れが早いです。
お買い物も終わったので、夕ご飯を食べてホテルのあるブリュッセルに戻ろう、と言う事になったのですが、夫があれやこれやと注文をつけてなかなか店を選ばないうちにどんどん駅のほうへ・・・
広場に戻るのも面倒になって、駅のすぐそばにあったイタリアンに入りました。
本当はベルギー料理が食べたかったのになあ・・・・

ベルギーでなぜかカルボナーラを食べる私・・・お味は・・・イマイチでした(><)
翌日に期待して、この日はブリュッセルへ戻りました。

e0015758_1173314.jpg

ホテルに戻ってチョコレートで一服♪

寝る直前に食べたのがいけなかったのか・・・この後夜中に胃が痛くて目が覚めました(汗)
やっぱりカカオの濃度が濃いのでしょうか???
それとも単なる食べすぎ?(汗)
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2007-12-19 04:26 | ベルギー


<< ベルギー旅行記2.ブリュッセル      クリスマスバザー 2007 >>