Strawberry and Vanilla Cream

jamielove2.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 28日

Ardingly International Antiques&Collectors Fair

e0015758_23422915.jpg

アンティークの祭典!

以前からずっと行ってみたかったアーディングリーのフェアに行ってきました^^
なかなか行けなかった理由は開催日。
毎回火、水(火曜日はディーラー向け、水曜日が一般向けになります)開催なので、夫にわざわざ有給を取ってもらわないと出かけられなかったのです。



この日は気合を入れて朝五時半起きで通勤ラッシュが始まる前に出発。
事故、渋滞が多くて有名なM25もなんとか無事に通り抜け、会場であるThe South of England Showgroundに到着したのは開場前。
それでももうアンティーク愛好家の方たちの車で駐車場はいっぱいになりつつありました。
すでに入場ゲートには行列も!

しかしそのあたり、主催者側ももう慣れたもので、並んでいるとチケット売りのお姉さんが手際よくチケットを開場前に売ってくれるので、開場したらもう即座に中に入ってお買い物が可能です。

e0015758_23484462.jpg

アンティークフェア会場で朝食を!?

優雅に朝ごはんを食べる家族がいました・・・ここフェア会場内です(笑)

e0015758_23495152.jpg

人影もまばら・・・

時間が早いのでまだまだ開いているストールも少なくて、開店準備中って感じでした。
そのあたり、日本だったら時間きっちりにみんなお店開けるんだろうになあ・・・なんて。

ぶらぶらと少し覗いたのですが、あまりにも開店準備中が多すぎるので、先に朝ごはんを食べちゃおう、という話になり、食べ物屋さんの集まる場所へ。

e0015758_23515381.jpg

こちらも人影まばら・・・

大きなアンティークフェアに来ると食べ物も楽しみの1つ。
以前ピーターバラのアンティークフェアでは揚げたてドーナツのお店があって、すごく美味しかったのですが、今回はドーナツ屋さんはありませんでした。
朝はクレープとトーステッドサンドイッチとかなり迷って、サンドイッチをチョイス。
熱々チーズとハムのサンドイッチ美味しかったです^^

会場内には帰りに気づいたのですが、紅茶会社、Tetlyの移動販売車も来ていて、£3でクリームティも楽しめたのだそう!
残念!!!気づかなくて他でお茶を飲んじゃいました。
次回来たらクリームティしなくちゃ、と言ったら夫が「次回も来るの!?」と驚いていました。
・・・そんなに驚くことでもないですよねえ(爆)

e0015758_032577.jpg

楽しい・・・!

もう見ているだけでもワクワク、ドキドキ。
アンティークのお買い物ってたまりません。
今回はピーターバラと同じ規模、1700ストールが会場内いっぱいに広がっていて、もうどこを見たんだか見ていないんだか最後には混乱して分からない状態に(汗)

e0015758_084786.jpg

ここ、趣味が良くて素敵でした

5時間以上歩き回って、もうこれ以上お買い物した物が持てません・・・という状態になったので引き上げましたが、1日中いてもきっと全然飽きなかったと思います^^

e0015758_082043.jpg

この日一番強烈な印象だった彼・・・

アンティークディーラーさんって、大なり小なり色んな個性の持ち主が多いものですが、この日朝一番にお買い物したストールのこのおじさん・・・かなり強烈でした。
お店自体、キャス・キッドソンっぽい感じのポップな色柄でまとめてあって、すご~く可愛い!
ここでパイレックスのボウルを買ったのですが、ストールの向こう側にキャスのテントが張ってあるのに気づきました。
「あのテント、あなたの?」と聞くと「そう、キャス・キッドソンの。キャス、知ってる?」と乗り乗りのお返事。
お会計しているときも気づいたら、バックやおつりを出す財布まで全部キャス・キッドソンでそろえてあるじゃないですか!!!
「あのテント、写真に撮ってもいいかなあ?」と尋ねると「もっちろんOK!」と快く写真を撮らせてくれました。
この人ゲイなのかなあ・・・と思ったのですが、一緒にストールにいた女性、年齢からしてどうも奥さんみたいな感じなんだけど、どう見てもキャスの私物はこの大きなよく日に焼けたおじさんの物だし・・・ものすご~く謎が残りました(汗)

e0015758_017666.jpg

お利口さんなわんこ

ちゃんとカメラ目線ですよ~^^
Barの中でのんびりしていたご主人とちゃんと静かに待ってたわんこ。
可愛かったなあ~

戦利品(一部・・・^^;)
e0015758_0184976.jpg

ちょっと写真が斜めってますが・・・(汗)

この日買った一番大きなもの、スツール。
キッチンでちょっと座るのに欲しいなあ・・・とずっと探してたので丁度いいのが見つかってやれやれです。
それと上に乗っかってるのはバケツ(笑)
プラスティックのバケツって年月が経つとパリパリに割れませんか?
やっぱりこういう昔の作りのしっかりした物の方が結局長持ちするなあ・・・と思いました。

e0015758_0205030.jpg

ブレッド缶

キッチンが緑と白が基調なので、それに合う色のものをずっと探していました。
これは白がちょっとアイボリーっぽくて、緑色の取っ手がついてます。
文字が型押しになってるのが珍しいなあ、と思って買いました。

e0015758_0221168.jpg

カフェオレボウル

インターナショナル・・・と言うだけあって、フランスや大陸側からの出展者も結構来ていました。
フレンチ物を扱うお店が数店舗あったのですが、その中の1つで購入。

e0015758_0231983.jpg

フレンチのお皿

これも別のフレンチ、ベルギーものを扱うお店で購入。
午後になるとディーラーさんたちもなるべく品物を売りさばいて帰りたいので、こちらからまけて欲しい、と言わなくても向こうからどんどん値引き金額を言ってくれます。
と言うことでこれも1枚なんと£1!
右側の赤い単色のお皿は6枚あったので、6枚全部買いました。
パリの蚤の市で買うより安かった・・・^^;

e0015758_0255318.jpg

実はこれが一番高かった・・・(汗)

会場内をうろうろしている時にキーランが突然「トマ!トマ!」と言うので見てみたら、昔のブリキの機関車のおもちゃが売っていました。
買ってもいいかな~、と思ったら、おもちゃと侮るなかれ!
なんと値札には£65の文字がっ(大汗)
「これは高すぎて買えません!」と引きずってその場を離れたのですが、魔の二歳児、そんな言い訳じゃ聞いてくれません。
「うわ~ん!トマース!!!」と泣き叫ぶ息子(汗)

と、セカンドハンドの比較的新しいおもちゃを売るストールを発見。
そこにトーマスのおもちゃがたくさん売っていたのです!

救いの神!とばかりに「ほら、欲しいのを選びなさい」と夫と二人地面に広げてあるおもちゃの山とにらめっこして選んだのがこれ・・・

アンティークじゃないし、安いだろう、と高をくくっていたらなんと、これだけで£10。
一番右側のジョージというトラクターみたいなのが、一番古くてプレミアがついるので高いんだそうです。
と、説明されても何のことやらさっぱり分からなかったんですが^^;

実は私のこの日のお買い物、全部単品で£10以上のものはありませんでした。
と、言うことでキーランのお買い物結構高くついてしまいました(笑)

M25が渋滞するといけないので、またまた早めに帰宅することにして、お昼過ぎに会場を後にしましたが、このフェア、私的にはかなり大ヒットだったので、またぜひ機会を見つけて行きたいな、と思ってます。

次回開催は9月2,3日の予定だそうです。
(ちなみにチケット代は火曜日はディーラー向け、火、水共通券で£20、水曜日が一般向けで£5となります)
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2008-07-28 17:14 | アンティーク


<< Ealing Jazz Fes...      Chiswick pire&O... >>