<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 28日

Easter Week 5 Bathへ

e0015758_21152143.jpg

Bathといえば御馴染みの・・・

翌朝は早起きしてBathへ。この日はもう平日に戻っていたので、通勤ラッシュを避けて家に帰るように予定していたので、なるべく早めに出発することにしました。

朝ごはん
e0015758_21165841.jpg

フルイングリッシュブレックファースト

このメインが出てくる前に、シリアルとジュースが出てきて、さらにこのあとトーストとお茶も出されました。昨晩もお腹いっぱい食べて、ようやく消化したと思ったらまた満腹に(^^;)
でもやっぱりイングリッシュブレックファースト、美味しいですね。
お腹いっぱいになった後、親切だったB&Bのご夫婦にお別れを告げて、Bathに向けて出発です。

もちろんここにも行きました
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2006-04-28 21:55 | イギリス国内旅行
2006年 04月 28日

Easter Week 4 コッツウォルズ旅行

e0015758_2344362.jpg

Castle Combe(アサちゃん、同じ場所を撮影してみたよ~!←「アサのイギリス駐在日記」TBさせて頂きました♪)

Easter Mondayのこの日から泊りがけでコッツウォルズとバースに行くことに。
去年の春、コッツウォルズの北のほう、地図の上の部分を主に回ったので、今回は下の方を中心に回ることにしました。そろそろお腹が苦しい私に合わせて無理のない予定を組んだので、この日はCastle CombeとLacockだけ。

まずはCastle Combeから・・・
e0015758_23524819.jpg

村の中心にあるマーケットクロス

コッツウォルズ旅行の際のお供「新ロンドンから行く田舎町」によれば、”夢見るように時間の止まった村”だそう。まさにそんなキャッチコピーがぴったりなこの小さな村、着いた時には我々以外の観光客もおらず、村人の姿を見ることもなく、なんだかぽつん、と世界から切り離されて取り残されたような気分になりました。しばらくするとどこからともなく、観光客がぞ~ろぞろとやってきて一気に賑やかになりましたが(^^;)

e0015758_23581655.jpg

人がいないハイストリート

村の教会にも入ってみました
e0015758_23591942.jpg

日の光が燦々と入ってきてとてもきれいな教会でしたよ。

上記の「新ロンドンから行く田舎町」には「文字盤のない時計が時を刻んでいる」と書いてあったのですが、その時計を見つけられませんでした。どこにあったのかなあ?

e0015758_013361.jpg

こういう風景を見ると心が和みますね。

この日はウォーキングの集いがあったようで、たくさんの人が村はずれに集まってどこかにぞろぞろと歩いて行ってました。お天気も良かったので、ウォーキングには絶好の日和でしたね。

e0015758_032952.jpg

Tea room発見!

e0015758_04770.jpg

入り口にあったモーモー牛柄のアイスクリームの看板に引き寄せられて、つい入ってしまいました。ロンドンの近郊では見かけないので地元のアイスクリーム屋さんかな~と思って買ってみました。夫が小さい文字を解読してくれたところによると「Bathのファームで作られているアイスクリーム」だったそう。
クリームが濃厚なのと、ベリーなどの具もすごくたっぷり入っていてすごく美味しかったです!

アイスの後はアフタヌーンティ
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2006-04-28 00:40 | イギリス国内旅行
2006年 04月 27日

Easter Week 3

洗礼式の様子を書いた先日のブログに書き忘れてしまったことが一つ・・・。
以前、「洗礼を受けるにあたって、洗礼名が必要になる」と記事に書いたことがあったのですが、すっかり書き忘れてしまいました。
今回私は最初から心に決めた一つの名前がありました。回りの家族や神父さん、カテキズムの先生もみんな「絶対この名前しかないよね」ともう分かってくれてましたが・・・(^^)
その名前は亡くなった義母の名前「Mary」でした。(Mariaの英語名)
亡くなった義母はその名のとおり、とても優しく慈悲深い人で、外国人であった私を何のためらいもなく嫁として一家に温かく迎え入れてくれました。
その後、病状が悪化して入院した時も、カトリックの教えを心の支えに最後まで強く穏やかに、決して泣き言を言わず静かに一生を終えた義母の姿を間近で見て、私も家族の一員として洗礼を受けようと決めました。
今回、この名前を選んだことを義母が天国で喜んでくれているといいな~、と密かに思っています。

日曜日も朝から早起き
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2006-04-27 01:01 | マーケット
2006年 04月 25日

Easter Week 2

4月15日はいよいよ洗礼式の日です。
本番は夜の7時半からですが、その前にプレ洗礼式を行う、とのことで朝10時からのMoning Prayerに参加しました。
その後10時半から初めてのConfession。Confessionとは自分の罪を神父さんに告げ、悔い改めた後、神に代わって神父さんからお許しを頂く、という儀式です。
どんな風に言ったらいいのか分からないので、あらかじめ夫にメモってもらっていたのですが、ちゃんと直前に神父さんから「こんな風に言えばいいですよ」とメモを渡してもらいました。
最近ではこのConfessionも定期的にする人が減っているそうですが、この日はイースターということで、何人もの人が順番待ちをしていました。

e0015758_495440.jpg

夫からもらった洗礼のプレゼント

小さな銀色の額の中には「Foot prints」という有名なPrayerが書かれています。主はいつも共にあり・・・と言った内容です。それと小さなカメオ風のネックレス。これは教会の売店で私が選んで買ってもらいました。おもちゃみたいなネックレスですけど、ベビーピンクが可愛かったのでつい選んじゃいました。これをつけて洗礼式に出席しました。

いよいよ本番です。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2006-04-25 04:31 | イベント
2006年 04月 24日

Easter Week 1

いつもブログを読んで下さる方、コメントを残してくださる方、お久しぶりです(^^)
そして初めての方は、こんにちは♪
忙しかった9日間も終わり、週末は抜け殻のようになって寝たきりの生活をしてました(笑)
ようやく復活したので、ブログも再開です♪

4月13日の夕方の便で洗礼式に出席してくれる母がヒースローに到着して、いよいよ気分も盛り上がってきました。
翌日の4月14日はGood Friday、と呼ばれ英国ではBank Holiday(祝日)です。
この日は午後3時から「Liturgy of the Passion」と呼ばれるこの日だけの特別なサービスが教会であるので、洗礼を受ける前に必ず出席しなくてはなりませんでした。
これはイエス・キリスト(英語読みではジーザス・クライスト)がローマ帝国の皇帝によって死刑を宣告され、ゴルゴダの丘で十字架に架けられるまでの様子を聖書を使って、3人の読み手が読んでいくというものです。

昨年初めてのGood Fridayではこの前に行われる「Station of the Cross」というサービスには出席しました。これは教会内に飾られている、イエス・キリストが十字架を背負わされて、ゴルゴダの丘に行くまでの様子が描かれている石画を一つ一つ見ていくというものです。今回は3時のサービスに参加するので、こちらには出ませんでした。

「Liturgy of the Passion」は聖書を読む時間がとても長いので、大変だな~と思ってたのですが、3人の読み手が情感たっぷりにそれぞれの役になりきって読むので、ちょっとお芝居をみているみたいでとても面白かったです。この日は教会内の席が埋まってしまうほど信者の人が参加していて、みんな本当に熱心なんだな・・・と思いました。

この日の午前中はお出かけしてました。
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2006-04-24 19:03 | 毎日の生活
2006年 04月 12日

Easter Holiday

****お知らせです****

いよいよ今週の土曜日に私の洗礼式が行われます。
当日は土曜日夜7時半から2時間かけて行われるイースターのミサの中で、一緒にクラスを受けてきたイラン人のご家族と共に洗礼を受ける事になります。
そのための準備に・・・

木曜日→夜8時からのミサ
金曜日→お昼3時からのミサ
土曜日→朝10時からのモーニングプレイヤー&First Confession、そして夜のミサが本番
日曜日→朝9時からのミサ

・・・と週の後半は毎日教会でのミサに出席しなくてはなりません。

日本からは母も洗礼式に出席してくれるために明日からこちらに1週間来てくれます。
なので、1週間ほど記事の更新とコメントのお返事が出来なくなる予定です。
皆さんのところにも遊びに伺えなくなりますが、また再来週には覗きに行きますね♪

それでは皆さん、楽しいEaster Holidayを!
e0015758_2642100.jpg

[PR]

by jamieoliverlove2 | 2006-04-12 23:13 | その他
2006年 04月 12日

Car Boots Sale

e0015758_221375.jpg

今朝もいいお天気

家から車でちょっと行った所にある地元のサッカーチームのグラウンドの駐車場で、毎週水曜日と金曜日にカーブーツセールが行われているのですが、去年の秋に行って以来随分ご無沙汰だったので、行ってみることにしました。丁度夫の通勤の通り道なので、車でぶーん、と送ってもらいました。
Car Boots Saleというのは、もともと家で必要なくなった日用品や洋服などを車のトランク(クイーンズイングリッシュではCar Bootsと言います。)に積んできて、広いグラウンドや駐車場、公園などで持ち寄った品物を広げて売買する事を言います。こちらではとてもポピュラーな催しで、平日、週末問わずどこかで必ず行われています。
アンティークマーケットとの違いは、カーブーツセールは基本的に素人さんが家から持ち寄った不用品処分の場、ということ。なので、まさに玉石混合!思わぬ掘り出し物がびっくり価格で手に入る可能性もあれば「なんじゃこりゃ~!」な品物が平気で並べられていたりします。

この地元のカーブーツセールは家からの持ち寄りの品物を売る人もいるのですが、ほとんどは残念ながらプロの人たちが日用品や洋服、バッタもんのアディダスやジーンズなどを売るストールです。それでも探してみると・・・。

e0015758_2223020.jpg

生地を売るストール

見てみたのですが、残念ながらいい柄がありませんでした。以前、もう1軒生地屋さんのストールが出ていて、そちらはダサ可愛い生地がたくさんあって、私もちょっと買った事があったのですが、この日は来ていませんでした。気に入った生地があれば、なんと1m/£0.5というびっくり価格だったので、かなりお得だったんですけどね~。残念。

がらくたに群がる人々・・・
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2006-04-12 22:59 | マーケット
2006年 04月 11日

アクシデント発生(><)

コメントのお返事、記事の更新が遅れちゃってごめんなさい(@@;)
実は先週、とんだハプニングがあって入院するはめに・・・(1泊だけですが)
戻って来てから、寝なれない病院のベットに横になってたせいで首と肩が異常に凝っちゃって、PCを開ける気力もなく・・・休養させていただきました(^^;)
もうすっかり回復したので、ブログも再開です♪

e0015758_23534645.jpg

病院食のメニュー。自分で食べたいものを選んでチェックを入れます。

先週とある日の朝、歯医者の予約があったのを忘れていて、気が付いた時には予約時間を10分ほど過ぎていました・・・。いつも20分ほど待たされるので、大丈夫だろうとは思ってたのですが、やっぱり気が焦っていたようでいつもよりも早足で歯医者に向かっていたのですが・・・。
歩道の石畳が段差になっている部分につまづいて、思いっきりこけてしまいました(><)
お腹をかばってこけたつもりだったので、膝と手のひらを負傷したのですが、やっぱりちょっと出っ張ったお腹は地面にぶつかってしまいました。
半泣き状態で家に戻り、その日会社を休んで庭の物置を作る義兄の手伝いをしていた夫に「こけた~」と訴えると「え?え?どうしたらいいの!?」とうろたえる夫。
妙にそれで冷静になってしまった私、歯医者に電話して、こけたから今日はキャンセルで次回の予約を取るのと、あと出産予定の総合病院に連絡して緊急で見てもらえるか聞いてもらうことを頼みました。

歯医者は問題なく次回の予約も取れ(こちらの歯医者では、無断で予約をすっぽかすと罰金を払わなくてはいけない上に、何度もすっぽかしが続くなど悪質な患者に対しては登録リストからの削除などの厳しい措置が取られます)病院の方もすぐに検査に来るように、との指示がありました。

検査は問題なく進み、ドクターの回診待ちで2時間ほど待たされましたが、幸い赤ちゃんには何の問題もなく、無事でした。その後すぐに帰れるのかと思いきや・・・
「One day stayしていってね」とドクターに言われたのを、私はOne day→夕方には帰れる、と取ったのですが夫が側で慌てて「パジャマとか取ってこないと!」と言ってるじゃないですか・・・「え?One dayって今日じゃないの?」と聞いたら、One day→今からまる1日、つまり1泊していく、という意味だったらしいのです・・・。

生まれてこの方入院などしたことなかったので、かなりびっくりしたのですが、お腹の赤ちゃんに突然何か起こっても怖いので、言われたとおり1泊することに。
お腹をかばって転んだ際、腰を変に捻ったらしくて、かなり痛かったので痛み止めをもらったりしておとなしく病室で寝ました。
4時間おきに朝までずっと赤ちゃんの心音をモニターする装置をお腹につけられて、全然眠れなかったので、翌朝は結構へろへろになりましたよ・・・
なので朝ご飯の後、ドクターの回診がすぐにあり「なんともない?家に帰りたい?」と聞かれて、迷わず「帰らせてください~」と懇願してしまいました(^^;)
前日にはお昼ご飯の後帰れるという話だったのですが、この日無事に朝の回診の後、すぐに家に戻れました。
とりあえず赤ちゃんには何もなかったし、出産前に病院の様子がどんなだったかを経験できたのは、良かったです。みなさん入院する方たちがよく「早く家に戻りたい」と言いますが、今回そんな気持ちがよーく分かりましたよ・・・。
これからは気をつけて歩きます。妊婦のみなさん、やっぱり普段とは体のバランスが違うのでこけやすいみたいです。みなさんも気をつけてくださいね(^^;)

退院したあと・・・
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2006-04-11 00:25 | 毎日の生活
2006年 04月 04日

小さなお花

夫の友人がウィーンから出張でやって来ていたので、一緒にちょこっと会う事になりました。
もうしばらくロンドンにお買い物も来ないだろうな~と思って、待ち合わせのちょっと前に寄り道・・・。久々にメリルボーンハイストリートに行って来ました。

それでも待ち合わせの時間が迫っていたので、ぶらぶら出来ずに目的のお店だけ・・・
その目的のお店はこちら。
e0015758_075783.jpg

V V Rouleaux

フランスが本店のリボンを扱うとっても可愛いお店です。
お篭りの時期がやってきたら、今まで先延ばしにしていた手芸関係を張り切ってやろうと計画中の私。今はその材料を買い集めています。

お店のウィンドウもこんな感じでハンドクラフト派の方たちにはきっとたまりませんね~。
e0015758_0135971.jpg


私が今回買ったのは小さなお花たち・・・。
e0015758_0143716.jpg


こちらの家には必ずネットカーテンと呼ばれる、レースのカーテンがかかってるんですが、今の家のものは少々くたびれてきているのと、もっとシンプルなデザインのものに架け替えたいな、と思っていたので、何の模様もないオーガンジー風のカーテンにしようと突然思いつきました。
ただ、幾つかのお部屋はそれだとシンプルすぎるので、何か工夫したいな~と思っていたところにこのお花の存在を思い出しました。
これを裾の部分にちょっと縫い付けるだけで、シンプルだけれどちょっと可愛く変身するんじゃないか、と想像しています。

V V Rouleaux HPはこちらから
6 Marylebone High Street, London, W1M 3PB

この後待ち合わせ場所に行ったのですが・・・
[PR]

by jamieoliverlove2 | 2006-04-04 00:25 | お買い物